真田丸

今年の大河、「真田丸」。まだ2話ですが結構楽しく観ております。
一族の中心である父昌幸がどっしりと構え、長男信幸が慎重派、次男信繁が奔放だけど柔軟と、キャラ付けがはっきりしているのでわかりやすいと思います。
細かいところでも、家康が爪を噛んだり、氏政が汁掛け飯を食べたり、石川数正が裏切りませんと断言したり……知っているとクスリと笑える小ネタを挟んできていて楽しいです。

ただ、山手殿がちょっと微妙かなーとも……。昌幸の奥方にしては我儘で足を引っ張るだけって。普段は文句を言っても、いざという時は腹を据えるような人にしてほしかったです。2話ではさすがにウザさが上回りましたよ(苦笑)
まあ、基本的には男たちがメインなので大丈夫……と思いたいですが。ヒロインもこれからですしね。(出しゃばらず、ものわかりの良い子であってほしい)

昌幸パパは結構長いこと活躍するので、かつて幸村だった草刈昌幸をしばらく楽しめそうです。また、以前は武田に忠義を尽くした内野勘助が今度は武田を滅ぼす家康になっているのも配役の妙があって良いですね。
次週も期待します。

コメント

さすが

締めるところは締めて、落とすところはちゃんと落としてますよね~
ドラマで滅多に描かれない勝頼の悲哀はとても良かったです。

2016/01/18 (Mon) 23:15 | 管理人 #ihn3MyrQ | URL | 編集
三谷は上手いですよね

やはり、何が面白いかを分かっていらっしゃる。

2016/01/18 (Mon) 22:55 | 福槌屋の旦那 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する