スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信越紀行(1年ぶり3回目)

先日、連休と併せて休暇を取りまして、信越の旅に行ってきました。
ついに三度目となる上越と長野市が中心でしたが、他にもうろうろと。

しかも今回、主に行ったのは山城。
1日目(9/11) 小諸城、春日山城
2日目(9/12) 箕冠(みかぶり)城
3日目(9/13) 葛尾(かつらお)城

1日目、小諸城は当初の予定ではなかったのですが、どうせ通るからと立ち寄り。まだ行ったことがありませんでしたし。
城は残っても復元されてもいませんが、立派な大手門が残っておりました。国内でも双璧と呼ばれる大手門だそう。





春日山城は登るのが3回目となり、本丸や毘沙門堂など、見たいところだけ掻い摘んでショートカットしてきました。一応は山城なので山道を歩くことになるのですが、ハイヒールや草履で登ってくる猛者も見かけました。


↑有名な像ですが、近くには入れません。崖下から撮るしかないという。(ちなみに大河で「天と地と」放映時に作成されたそう)

この日は平日だったので、おもてなし武将隊は出陣しておりませんでしたが、こんなもののふ(?)がおりました。過去2回は見なかったので、最近ですよね!?

↑どうやら衣装は手作りのようです。お手本にして自分でも作ろうかな……(混乱)


ちなみにこの日の昼食は、レルヒさんの看板が目立つ洋食レストランでした。いや、本当はへぎそばとか食べたかったんですけど、上越高田ICを降りた周辺で見つかったのがここでしてね……

ちなみにレルヒさんは新潟県のゆるキャラです。ネタ元は日本に初めてスキーを伝えたロシアのレルヒ大佐です。なお、周囲ではほとんどの人が知らなかったので、もっと知名度UP頑張ってくださいレルヒさん。



2日目はまず岩の原葡萄園へ。こちらは冬場の雪をワイン保冷のために貯蔵する雪室で有名です。


こちらは雪室に隣接する貯蔵庫。いい雰囲気に撮れました。
ショップで試飲して買ってきた甘口ワインの赤白。赤は本来苦手なのですが、とても飲みやすかったので買ってきました。


そして次は箕冠城。


こちらは、上杉謙信(当時は長尾景虎)に背き、後に武田家へ仕え、滅亡まで運命を共にした大熊朝秀の居城跡地です。実は私事ながら、この大熊の反乱を題材にした作品を以前に書いたことがありまして、現地を見てみたかったというのが一つの理由でした。(あと近かったから)


いい感じの寂れ具合でしたが、案内板や遊歩道などきちんと監理されておりました。本丸跡地までは、駐車場から少し登るくらいの山城です。
春日山城がすぐそばというロケーションですので、確かにここの城主に背かれたら一大事だな、と実感しました。現地確認は大事ですね(笑)





3日目は善光寺が一番の目標でした。(と言っても自分は今回で4回目ですが……)

ちょうど第2土曜日でびんずる市をやっており、本堂ではびんずる様の栗まんじゅうまでいただいてきました。(そして、それがこの日の昼食になる……。←宿の朝食が多すぎて昼を食べられる胃の余裕がなかった)
●●年ぶりにお戒壇めぐりもしてきましたが、昔よりもコースが短く感じられました。当時は子供だったので、本当に長く長く感じたんですよね。

その後は隣接する東山魁夷館で久々に鑑賞し、そして帰路につく途上、葛尾城跡へ……

これが大変難儀でした。

葛尾城は、第四次川中島の合戦の要因となった村上義清の居城。北信の有力な豪族で、武田信玄が大敗北を喫した相手です。が、その後、武田の調略により土地を追われ、越後の謙信(当時は上杉政虎)に助力を求めたことが第四次川中島の合戦を引き起こすこととなりました。

とまあ前置きはこの辺で。
そんな葛尾城ですが、攻略が大変でした。
まず、カーナビにもgoogleマpップにも出てこない。観光サイトの紹介文を読むと、「坂城神社に案内板あり」と言うので神社に行きましたが……


この山道、「登山道入り口」と書いてあるのですが。
え、登山……!? さすがに登山装備では来ていませんよ!?
ジーパンにUVカットのパーカー、ショルダーバッグ、帽子、ウォーキングシューズという出で立ちで、軽く山歩きくらいならできますが、ガチの登山は無理。ちなみに城跡経由の登山道は全部で6時間半だとか。暗くなって遭難するよ!

とりあえず城跡までは1.5kmという表示があったので、それほど遠くはないだろうと思い、登り始めましたが……

やばい。

やはりウォーキングシューズでは滑って歩きにくい。しばらく整備されている気配がなく、ほとんど獣道状態。途中の岩場はロープ(一応張ってある)づたいでないと登れなかったり、さらに進むと「入山禁止」の張り紙が……。
え、入山禁止? 何で? ていうか、それなら入り口に張ってよ!!
平成25年と書いてあったので、それほど古くはありませんが、理由が書いていないのが怖い。道が崩れて危険なのか、マツタケ泥棒対策なのか、それともクマが出るのか!?
クマと言わず、野生動物に遭遇するのは避けたかったので、大声で話しながら登ることにしました。(さすがに引き返せない場所だったので、戻るわけにもいかず。また、iPodは車内に置き去りだったので、自分で喋って動物が近づかないようにしていました←クマよけには鈴やラジオが有効)

そしてついに日の差す開けた頂上が見え、目的地か!? と思いきや、「→城館跡(40分)」の看板が。まだ歩くのかよ!!!
道はさらに険しくなり、しかもこの軽装ではまずいと思い、とりあえず今回はここで帰ることに。



↑引き返し地点で撮った写真。
後で調べたところ、飯尾山頂らしい。

また、「→坂城神社」という看板もあったのですが、こちらは道が崩れていて明らかにやばそうでした。なので、来た道をそのまま戻ることに。まあ、これなら間違いなく帰れますからね。

そんなわけで葛尾城攻略は失敗。次回はちゃんと策を練って攻め落としたいと思います。


他には地元の書店に立ち寄って、ご当地本を買ったりしつつ帰ってまいりました。
ちなみに葛尾山に登ったら大量に汗をかきまして、途中のコンビニで着替えるはめになりました。やはりいろいろ下準備は大事ですね……。

ついでに上越では「戦国手帳」なるものもつい買ってしまったので、掲載されている100名城をできるだけ攻略していこうかなと思っています。次はまあ近場ですかね。小田原も川越もまだ行っていませんし。

コメント

お久しぶりです!
百名城は、全国に散らばってますね。多分まんべんなく選んであるんだと思いますが。
城ではなかろうとは思うのですが、吉野ヶ里遺跡も含まれるみたいです(苦笑)
また旅に出たらレポートしますね~

2014/09/29 (Mon) 08:32 | 管理人 #ihn3MyrQ | URL | 編集

100名山ならぬ100名城なんてのがあるんですね。関西が多そうなイメージ。
また旅行レポート楽しみにしています。

2014/09/29 (Mon) 08:10 | おと #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。