スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマート生活

「まだ使えるうちはガラケーで頑張る」と宣言したのも束の間、ガラケーが壊れました。
いやもう、それはあっさり、がっつりと。
朝起きたら携帯が熱くなっていて、フル充電していたのに一晩で電池が7%まで消耗。そして極めつけが、7と8と9とメールボタンが押せない。
クラリネットこわれちゃったかよ! と思わず一人ツッコミ。
これね、もう限界ですよ。一応、タッチパネルもついているモデルだったので、何とか操作はできましたが。




そんなわけで、まずは緊急避難として一代前のガラケーに戻しました。しかしこれ、画面の奥に細かなヒビが広範囲に入っていて、見づらいことこの上なく。おまけに見られないページも多くて非常に不便。ということで、まずはガラケーの必要機能のついたモデルを探しにショップへ。
しかし、これが一筋縄ではいかず。最近のガラケーって本当に退化しているんですね。数年前の最終進化形態を使っていた身としては、とても耐えられないものです。おサイフケータイはおろか、GPSすらついていないって。地図も見られないよ。
一応、GPS付のもあったのですが、ろくな機能もないうえ無駄に高いのに腹が立ち、結局オークションで古いモデルの新品白ロムを入手しました。だいぶハイスペックですが、2009年モデルですよ。P07-Aというものです。派手な壊れ方をしたのは富士通だったので、長年使っていたパナに戻しました。(今までにパナも何度もおかしな壊れ方をしていましたが、物理ボタンが押せなくなることはなかったので)
そうしたら、先代のP01-Aと全く同じ電池パックだったので、予備として流用できることが判明しました。ありがたや。

……とまあ、ここで終わりでも良かったわけですが。
最近はiPod touchまでまともに動作しなくなってきまして。(Amazonのトップページすら重くて落ちる)
これもそろそろ3年になり(去年に一度壊れて無償交換してもらっていますが)、RAMがたったの256MBではろくに動いてくれないんですよね。おまけに第4世代はもうiOSのアプデも打ち切られていますし。
で、またiPodを買うくらいならいっそスマホを代わりに使えばいいんじゃないかと思いまして。
いろいろ検討したら、2台持ちでうまく使えば今のガラケー1台料金の半分になるので、それならばとスマホの白ロムを手に入れることにしました。

現在:ガラケーで旧パケホーダイプラン
今後:スマホ+MVNO(格安SIM)、ガラケーで現パケホーダイ

ちなみに今回購入したのは、XperiaのZ1です。
まずはオークションでドコモの白ロムを入手。現在、端末のSIMフリー化に対応しているのはドコモだけなので、必然的にドコモ機一択になります。
同時に、格安SIMカードの注文。今回はOCNの最安コース(月々900円)にしたので、まずはカードをAmazonから購入。他のところからも買えますが、Amazonでは半額近くに割引していたので(笑)
ビックカメラで提供しているビックSIMも月々同じ値段ですが、カード代は定価ですし、注文時に店頭で身分証を持って手続きし、さらにカードは後日届くという煩雑さが嫌だったので、OCNにしました。

なお、実はOCNのSIMではドコモ回線を利用しており、SIMカードにもばっちり「ドコモ」と書いてあるのです。すなわち、ドコモショップへ行ってSIMフリーにしてもらわなくても、カードを挿せばそのまま回線に繋がるのでした。ラッキー。
(SIMフリー手続には3000円かかります)
ドコモ店で正規に契約するのと違って、MVNOだと回線接続の手順がやや面倒ですが、何とか繋がってめでたく「LTE」と表示されました。

使用感としては、Wi-FiでもLTEでもやはりメモリが格段に上がったので、処理速度が桁違いだと思います。まあ、これはiPod touchを第5世代にしても同じでしょうけれど。
iOSとAndroidでは操作がだいぶ違っており、慣れない部分も多々あります。が、やはりそこは日本のスマホですので、日本語入力機能とキーボードはXperia、というかPOBOXに軍配が上がりますね。左右移動ボタンとアルファベットの学習機能があるのは大きいです。

前からiOSとAndroidを両方使い比べてみたかったので、ちょうど良い機会でした。
とりあえずしばらくは慣れるまでいろいろいじってみようと思います。あとはガラケーのプランを変更しなくては。
(旧パケホーダイは下限なしで料金が現パケホの上限より安かったのでコースを変えずにいたのです。旧3900円、現4200円)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。