スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホビット 竜に奪われた王国

先に書いた通り、映画の日に「ホビット」を観てまいりました。
以下、ネタバレ感想になります。



とりあえず3時間観ている間中、ずっと思わずにはいられないのは「ロードオブザリングが観たくなる」ということ。
単に懐かしいというだけでなく、どうしても比べずにはいられないんですよね。

たとえば、トーリンの弱さ。戦闘能力は高いものの、ここまで来てもまだビルボを利用し、見殺しにしてでも目的を遂げようとする。前作ではかなりトーリンageでしたが、今回は逆にだいぶ病んでいました。それだけアーケン石に取り憑かれているのでしょうけれど、そうなると改めてアラゴルン凄いなとしみじみ思います。もっと強力な指輪を目の前にしていても、己の先祖の過ちを恥じ、迷うことなく常にフロドを守ろうとしていましたからね。人間できすぎです。その分、トーリンの方が人間らしい(ドワーフだけど)ということでしょうか。
まあ、たとえ国が滅びても常に家来に囲まれている王様と、素性を隠して放浪している馳夫では物の見方も違うでしょうしね。

敵の恐怖度。火竜の映像は確かによくできていて、恐ろしく描けてはいますが、何であんなに饒舌なんでしょうか。ベラベラ喋られると一気に小物感が増します。LOTRのナズグルの恐ろしさは、ほとんど言葉を発せず、会話が成立しないところにあると思うんですよ。奴らに岩場で囲まれた時の圧倒的な絶望感を、火竜にはさほど感じませんでした。あまり頭もよくなさそうだし。
まあ、敵の強さは後の指輪物語でさらに増すことになるので、逆に火竜の方が強くても困るんですが。

そんな感じで、どこか物足りなく思う部分を脳内でLOTRと比べながら補完する、という謎の作業をしながら観ておりました。
結局、本編の前哨戦なので、LOTR以上に敵を強大に、旅を過酷にするわけにもいきませんしね。これから初見という方は、ホビットから先に観た方がよかろうと思います。

さて、今回の最大のキーパーソン(エルフだけど)は、やはり何と言ってもレゴラスですね。
父ちゃん、やたら病んでるけど大丈夫だろうか……エルロンド卿よりだいぶ小物臭が……(汗)なんとなくルシウス・マルフォイっぽいです。
流れる樽に詰まったドワーフを足場にして矢を射るという人間離れした(エルフだし)神技を披露してくれましたが、それよりも好きな女に振り向いてもらえない哀れなピエロっぷりから目が離せませんでした(苦笑)

会話から察するに、どうやら600年もそばにいるみたいなのに一度も振り向いてもらえないとか、どういうことなんですか王子! しかも彼女、通りすがりのイケメンドワーフに一目ぼれしてるんですけど! どんだけフェロモン足りてないんだよ王子!
(どうでもいいけどタウリエルの名前を聞くたびに、タウリン1000mg→ファイト一発!という変換が脳内で起こって困りました)
LOTRでの当初のドワーフ嫌いって、これがますます悪化させたのではないかと思いました……。


レゴラス的にはバッドルートのフラグしか見えないまま、次作を楽しみにしています。

コメント

こんにちは。お久しぶりです。
おお、観に行かれたんですね!
アルウェンもそうでしたけど、やはり原作の女性キャラが少ないとこうするしかないんでしょうかねえ……
実は私、ホビットの冒険の方は未読でして(指輪は映画化より前に全部読んでいましたが)、まっさらな気持ちでホビットの映画は観られているのですが、それでも少々無理やり伸ばしてる感じはしております。もともとの原作が短いのに、3部作にすることもなかったんじゃないかと……。メインに創作キャラを出してくるのも、話を長くするためにはしょうがなかったんでしょうしね。
1話完結か前後編ですっきりまとめても良かったんじゃないかと思います。まあ、これはこれで最終話が楽しみではあるのですが。原作は3本全部観終えてから読もうかと思っています^^

2014/03/24 (Mon) 11:50 | 管理人 #ihn3MyrQ | URL | 編集
お久しぶりです。

やっと、17日に見て参りました。

あれですね、原作の子供向けの物語だったときの、指輪として物語が成熟する前の、残滓のような物が違和感になる気がします。

っと言うか、文化的な概念の違いですね、きっと。
昔、あちらのドラゴンのイラストで眼鏡を掛けて本を読んでいる絵で衝撃を受けたのを思い出します。
ドラゴンは、人間を超越している存在だが、世俗的な、強欲な存在でもあるとして、人間じみて描くというのも、正直、理解できません。

それにしても、原作に無い女性のメインキャラクターを創作してしまうと言うのが、あまりにハリウッド的で「PJよ、おまえもか・・・」と思わずにいられませんでした。
まあ、「原作に忠実に映画化する事も大事だが、映画としての作品的完成を目指すことも、同様に重要である」というのもわからんではないですが。
とはいえ、矛盾しますが、弓キャラは好物なので、タウリエルさんはOKなんですけどね。

2014/03/23 (Sun) 21:30 | 福槌屋の旦那 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。