チャーリーとチョコレート工場

観てきました。

セブンソードとどちらにしようか迷っていたのですが、車で到着した時にはすでに始まっていたので、30分後に始まるチョコレート工場のほうになったわけです。


・・・え、これ子供向けでいいんですか?

相当にシュールだと思うんですが。
原作を読んでいないので何とも言えませんが、ハリポタの方が子供向けな気はします。映画的に。
主役のチャーリーは確かに家族思いのいい子だけど、実は消去法なだけで何もしてないんですよね。(汗)
「選ばれし者」(笑)って、たいてい過酷な運命が待ち受けているのだけど、この子は特に何もなかったしなぁ。(それにしてもあの地域には地震が今まで起きなかったのだろうか・・・。あれで持ちこたえているなんて、逆に凄い設計だよ)

「中身が空っぽなんだ」の台詞に笑えてしまいました。そう来るとはね!
そして『エレベーターの「上と外」のボタン』って、この本のことだったんですね。上と外はもう手放してしまったので確認はできませんが、確かあとがきに書いてあったのを思い出しました。(いや、もしかしたら雑誌のインタビューかもしれないけど;)

とりあえずレビューはそんなところで。
映画的には可もなく不可もなく。ティム・バートンとジョニー好きならば観ても損はないと思いますが。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://tenqgi.blog34.fc2.com/tb.php/7-cea38964
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最近の記事

最近の発言

最近のトラックバック

プロフィール

Author: 遼
 ・管理サイト→ひっそり運営中
 ・美術ブログ→美術語りブログ
 ・携帯サイト→ ケータイ小説配信中
 ・読書メーター

リンク

ブログ内検索


「三侠五義」復刊応援中
紹介・投票はこちらから

素材提供
NOION 空色地図 A Trial Product's 素材置き場
*Free Photos


ASPアクセス解析

  • pagetop
Copyright © 遼