謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。
とりあえず松の内にブログ更新できて良かったです(笑)

さてこの年末年始、自分は12月28日から1月5日までという望外のロングバケーションになりました。学生時代でもなければ、こうも休めませんからね。(30日と6日は会社で交替勤務制のため、自分は30日休暇・6日出勤を選んだのですが)
30日から2日までは実家でまったり過ごし、3日には自宅近くの氏神様へ初詣し、4日には箱根のガラスの森美術館に行ってきました。そんな感じの連休です。実家でもうちょっと有意義に過ごしたほうが良かったかもしれませんけどね(苦笑)
借りっぱなしの本を読破できたくらいです。




ところで年越しすることを「お年取り」と言いませんか?
小さい頃からそう聞いていたので普通の言葉だと思っていたのですが、東京方面では誰も聞いたことがないと言われました……。調べてみると、一応辞書には載っているものの、主に信州で使われている言葉のようです。同時に「二年参り」という言葉もあまり一般的には浸透していないみたいですね。そんなところにも文化の違いがあったとは。

箱根の森美術館は、以前にテレビで紹介されていたのが面白かったので現地に行ってきました。箱根駅伝のすぐ後でしたので、周辺のあちこちにポスターやらグッズ販売やらの名残がありました。

ちょうどヴェネツィアンカーニヴァルフェアの期間で、仮面とマントを無料で貸出していました。面白そうだとは思ったのですが、一人で仮面かぶるのはちょっと気恥ずかしいのでやめておきました。(同行者には拒否されましたので……)

アールヌーヴォーやアールデコのガラス工芸は地元の美術館で何度か目にしておりますが、こうしてヴェネツィアングラスを一度にたくさん観るのも華やかでなかなか楽しいですね。

外には薔薇や紫陽花の庭があるのですが、この季節はだいぶ物寂しいことになっていたので、6月頃にまた観に行けたらなと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する