清須会議

少し前のことになりますが、「清須会議」を観てまいりました。
実は三谷映画をまともに観るのは初めてだったのですが、とても面白かったです。

すでに予告でも披露されていましたが、女性陣のあのメイクは圧巻(笑)
そして「悲劇の女性」として描かれがちな、お市の方の迫力が凄まじかったです。いや、実際にはあのくらい気丈だったんじゃないかとは思いますけどね。

現代っぽいくだけた台詞に軽快なふるまいはまさにコメディならでは。空回りする勝家の不器用さやコント的なやり取り、走れメロスな滝川などは笑いを誘いますが、一方で板挟みに苦渋する長秀、どこか不気味なしたたかさを内包する秀吉などの描写も巧みでした。その後の彼らの命運と照らし合わせると、うまい見せ方だと感心してしまいます。

秀吉と勝家の対立はいわずもがなですが、この映画の一番の見所は長秀の逡巡と決断だろうと思います。特に最後の去り際に勝家へ贈った言葉が秀逸でした。うーん、やっぱり小日向さんうまいなあ。

あと、三法師の子役の子、何なんですかあの可愛さ! ありえなくないですか!?
小さいのにああまで顔が整いすぎてると逆に怖いくらいですよ。美形過ぎる……。

まあ、そんなところで久々に劇場で満足のいく映画を観られたなと思いました。滑り込みで観られて良かったです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する