スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホッとティータイム

今までロフトで買ったどこのメーカーのかよくわからない保温タンブラーを会社用に使っていたのですが、すぐに冷めてしまって、しかもぬるい紅茶が劇的にまずくて切ない思いをしておりました。
本当は象印やサーモスのボトル(タンブラーではなく、きっちりフタが閉まるもの)も持っているのですが、ボトル(350ml)の背が高くて会社の給茶機の注ぎ口に入らなかったんですよね。そのタンブラー(240ml)の背がちょうど良くて使っていたのですが。

そこでふと、小さすぎて最近全く使っていないボトル(200ml)をうまく利用すれば良いのではないかと気づいたのです。
背が低いので給茶機から注げるため、そこで8割くらいお湯を入れて2回象印ボトルに移し変えれば良いのです。

お陰様で、この方式に変えてからお茶が全く冷めなくなり、おいしいティーライフを満喫しております。

(ちなみになぜ象印にこだわるかと言うと、冷めにくさ+口の広さのためです。ティーバッグではなく茶葉とボール型茶こしで淹れているため、茶こしの入る広さが必要なのです。また、今までのタンブラーからボトルに移し変えないのは、タンブラーの口の広さだとお湯がこぼれやすいからです)

淹れているお茶はルピシアがメインで、最近は午前中に「ダージリン・ファーストフラッシュ」、午後に「マロンショコラ」が多いです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。