スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八重の桜 第四回

いよいよ時代の趨勢が倒幕に向かって走り始めました。
その象徴とも言える吉田松陰処刑の回。
しかし、つい気になってしまったのは別のシーンです。(苦笑)

まさか、川崎さんのこうもり傘とビー玉が伏線だとは想像できませんでしたよ。暴漢が襲ってきた時には、八重さんが鉄砲ぶっぱなすのかと思いましたが。まさかの展開すぎて(笑)
しかしビー玉って江戸にはすでに入っていと思うのですが、会津にはまだあまり入ってきていなかったんでしょうかね?

兄嫁のうらさんも、前回では面白みのない女として語られていましたが、今回は芯が強く情愛あふれた女性として描かれていましたね。一気に好感度アップです。もちろん狙ってますよね。
やや子が流れてしまったのは残念ですが、八重さんと仲良くなり、覚馬さんとも絆が深まったのが印象的でした。

今、並行して観ている篤姫では家茂の死によってようやく篤姫と和宮のわだかまりが解けたので、今回は早めに関係改善してくれてありがたいです。

さて、桜田門外の変もあっさり終わり、いよいよ激動の始まりですね。頼母さんの暴走ぶりも見られることでしょう(苦笑)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。