風林火山

ブログを書くのがどんどん間遠になってきてしまって申し訳ありません。
一応、ちゃんと生きております。(苦笑)
最近のマイブームは、昔の大河ドラマのレンタル視聴だったりします。去年の秋頃から見始めて、先日ようやく見終えたのが「風林火山」です。

某ゲームの舞台が川中島の合戦だったこともあり、そういえば放映時に観ていなかったなーと思い出し、つい手を出したのがきっかけだったりします。リアルタイムではGackt謙信登場回と最終回しか観ていなかったんですよね。舞台が超地元だというにも関わらず。
ちなみに原作はドラマ放映よりも前に読んでおりましたが。

さて、この大河版「風林火山」。こんなに面白かったとは知りませんでした。
原作は文庫1冊分しかないので、ほとんどがオリジナルのシナリオではありましたが、それがかなりうまく奏効しているように思いました。

まずは、何と言っても主演の内野聖陽の勘助役が本当に素晴らしかったです。自分は普段あまりドラマを観ないので、JINの龍馬くらいしかほとんど知らなかったりするのですが、本当に役そのものになりきってしまいますね。
特に勘助の場合、晴信(信玄)の陰となる立ち位置で、熱血で清廉なヒーローとは程遠い腹黒い軍師なのですが、その胡散臭い雰囲気が実によく出ていたと思います。
時に偽悪的な振る舞いをする時の、「演技をする演技」が巧妙でした。

他の配役もなかなかに絶妙で、毎回楽しませていただきました。唯一、Gacktだけ異世界の住人ぽかったですけどね(苦笑)
まあ、あれはあれでいいかなと思います。本来、からむはずのない二人を無理やり引き合わせなければいけないのも、お約束でしょうし。
行商人に化けて越後へ自ら潜入するも景虎(謙信)に見破られ、監禁されるとかどこのお馬鹿な軍師ですか。あと、影虎が熊野に家出中、センチメンタルジャーニーしていた勘助と偶然出会って一騎打ちとか、どう突っ込めばよいやら。(笑)
でもまあ、それ以外は本当にNHKの本気が感じられた仕上がりでしたよ。
千葉真一の板垣も本当に圧巻でした。途中退場が残念でなりません。緒方拳の宇佐美も胡散臭くて良かったです。

オリジナル要素として一番大きかったのが、勘助の妻ミツと、そのミツを想っていた平蔵との関係でしょうか。勘助が晴信の父親追放に加担する理由として、武田信虎に妻子を殺されたというエピソードが入ってきていたのですが、まあこのくらいの脚色なら良いかなあという感じでした。一方で信虎個人ではなく武田自体を怨み、延々と敵対し続ける平蔵はその堆肥ということで作られた人物だったんでしょうね。しかし甲斐から始まり、矢崎(諏訪)、真田(上田)、村上(北信)、宇佐美(越後)と見事に敵対しながら転々としていくのは少しくどい気もしましたが。(苦笑)
ヒサも結局何だったんだろうなあという印象もありますが、総じて大河のオリジナル人物はかみ合い方が微妙なので、これは割りと良い方なのではないかとも思います。

佐々木蔵之介の真田幸隆夫妻はとても仲睦まじくてまぶしかったです。そして真田・相木・勘助のトリオ、勘助と伝兵衛・リツ、伝兵衛と葉月などのコミカルなやり取りも楽しかったですね。特にトリオの掛け合いは息が合っていて絶妙。
また、今川義元が従来のイメージと違っていて(谷原章介)、これもまた面白かったです。寿桂尼や雪斎も胡散臭さ全開で、今川のターンは毎度わくわくしました。一方、北条はちょっと足りなかった印象。もっと出しても良かったのに。
越後と絡むのは本当に終盤なので、実際には今川とのやり取りが一番のメインだったのかもしれません。

そして何よりも由布姫。
大河では割と夫婦愛とか家族愛を前面に持ってくるのですが、勘助は妻子がいないこともあって、単なる恋愛感情とは異なる深い愛情が実によく描けていると思いました。
全50話、好評により1話延ばしたそうですが、途中でだれることなくこのクオリティを保ったまま作り上げたことは賞賛に値すると思います。

素晴らしい作品を本当にありがとうございました。
ちなみに、また武田続きで大河「武田信玄」を借り始めてしまいました。主演が若かりし頃の中井貴一で、今の清盛に出ているパパ繋がりでもあります。(笑)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する