スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了本と購入本

読書欲が少しずつ回復している模様です。昨年末辺りから、ふつふつと・・・。某作家の作品をなぜか一気に20冊近く怒涛のように再読してしまったり。
そして今年に入ってからの読書は、やや落ち着きを取り戻してきているようです。

読了本。
「チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷」塩野七生
「沈黙」遠藤周作

チェーザレは、読み方がちょっとまずかったのかもしれません。昨年秋頃から昼休みにぶつぶつと細切れに読み進めていたので・・・。
前半までは結構惹き込まれたのですが、主人公のチェーザレが何を考えて行動しているのかさっぱりわからない上(心情描写がまったくない)、単調な戦ばかりが延々と続いてしまってどうにも・・・。材料的にはかなり面白いはずなのに、読み続けるのがだんだん飽きてきてしまいました。(汗)
女傑カテリーナのあたりの筆致のまま、最後まで息もつかせぬ展開で持っていってくれれば良かったのにな・・・。
ローマ人のほうは文庫刊行分はすべて読み終えてしまったので、早く続きが読みたいです。でも秋頃にならないと刊行されないんだろうな・・・。


「沈黙」は、もうただただ頭が下がる思いです。
昨夏の新潮プレゼント(2冊でもらえるアレ)のために購入したのですが(もちろん読みたかった作品ではあるけれど、本来なら定価ではきっと買わない<古本で出回ってるから)、もっと早くに読んでおけば良かったなあ!と。

島原の乱後、キリシタン禁制の厳しい日本に潜入した司祭ロドリゴ。拷問に耐えかね、かつての師が棄教したという恐るべき話の真否を確かめるために・・・。
物語自体は紆余曲折も吃驚仰天もなく単調に、ただひたすら一直線に進みます。破滅と崩壊へと。
“主よ、なぜあなたは黙っておられるのですか――”
敬虔な信徒たち、そして自らの惨めな姿と逃れられぬ運命の前に、幾度となく繰り返される問いかけ。しかし、神はただ沈黙している。そこに救いなどない。奇蹟は起こらないし、殉教は華々しくも輝かしくもない。

そして、この冷然とした「神の沈黙」を明らかにした著者当人がまたクリスチャンであるというところも、非常に沈思に値する物語であると思います。しかも、踏絵に足をかけるロドリゴの行為もまたキリストは赦していたのだという逆説的なクライマックスには息を飲まざるを得ません。
また、ユダになぞらえたキチジローに裏切られつつも、その自己の境遇にキリストとの一体感を覚える場面や、「神の根づかない国」にまかれた種は長じるにつれ歪められ、変質した神はもはや同一の神ではないのだというくだりなど、かなり楽しめてしまいました。・・・すみません、本来は悲嘆に暮れねばならないシーンのはずなのでしょうが、所詮は神を持たぬ人間ですので。

それでもしばらく間を置いてから、また周作先生に挑みたい所存であります。
ちょっと時間を置かないと、結構精神的にキツイです。楽しめたとはいいつつも、心躍るような物語ではありませんからね・・・。(宗教的な観点からは楽しめても、物語的にはただひたすら虐げられてゆくわけですから・・・;;)

本日の購入本。
「退屈姫君伝」「退屈姫君 海を渡る」・・・文庫セール、2冊で400円。
某所からの強い電波を感知しました。件の「おんみつ蜜姫」は文庫ではなかったので、図書館かなあ。
歴史・時代もの、そこそこ読んではいるのですが(多分)、実は日本が舞台のものはさっぱりです。しかも江戸。この時代があまり性に合わないのか、それとも単に食わず嫌いなのか、ドラマも小説も漫画も、これまで(希少な例を除いて)ほとんど触れていませんね(汗)。忠臣蔵とか、子供時代に見たくなくても見させられてしまっているドラマもあるっちゃあるんですが。
なので、かなり新たな試みです。深く考えずに素直に楽しみたいです。


・・・そして、先日のドラマのせいで、碧也版八犬伝買い戻し大作戦決行です。(苦笑)
ワイド版はかさばりすぎるので全巻手放してしまったのですが、無性に読み返したくなって、欠けている四~六巻(文庫版)買い直し。あと二冊で八犬士冊そろいます。やはり文庫はかさばらなくて良いです。
小説版でも改めて読み直したいです。というか、正しい八犬伝に触れ直したいですよ・・・!

そうそう、例のドラマ、本来ならHムラさんのレビューも読みたかったんですよね。きっと突っ込む以外の行動は取れないでしょうが。(汗)
そしてあまりにもあまりな展開の連続に、つい突っ込むの忘れてました。ので、追加ツッコミ。(ひつこい)

道節と船虫が相思相愛って何なのさ・・・!?

どうしてそういうことになったのか、さっぱりわかりません。誰か止めてください、二人の愛を。
何ていうか、あまりにも可哀想でした、道松っちゃん。だからこそ読み直ししたいのかな・・・。(遠い目)
  • Category:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。