蒼穹の昴 第1回

まさか「蒼穹の昴」が映像化されるとは・・・!!!

BS hiなので、予告見逃していたら絶対気づかなかったと思います。もっと大々的に宣伝してくれよNHK・・・

それはさておき、蒼穹の昴。
これはだいぶ前に原作を単行本で読みました。古本で1冊100円て・・・すみません、浅田先生。(土下座)
何しろ中身は、上下巻合わせて3000円出しても全然惜しくないほどの素晴らしさです。
ただ、まあ、読む人を選ぶかもしれないとは思いますが・・・

時代は清朝末期、西太后を主軸に物語は進みます。(主人公は宦官の少年)

ドラマでは、春児が宦官になった経緯がものすごくさっくり描かれていました・・・
が、
それはしょうがないか・・・

何しろ自分の手で(以下略)

これを映像化するわけにはいかんでしょう。でも説明がほとんどないので、わからない人にはまったくわからないんじゃないかと思います。(汗)

それと、春児の環境もさっくりしすぎていて、汚泥の中から這い上がってきたということが伝わらないかもな~とも思いました。でも、まあそこがなくても話はわかるのか・・・

さて肝心の宮廷の方ですが、本当に見事ですね!
セットも衣装も豪華絢爛!! 映画並みです。(いったいいくら使ってるんだ・・・)

キャストもほとんどすべてが中国人の中、メインである西太后は田中裕子さんでした。
うおおお、全編中国語ですか!
ものっそい大変だと思います。台詞も多いし長いしね!
とはいえ、ドラマのだめのような反則技は使えないでしょうしねえ。(苦笑)

まだまだ序盤ですが、本当に胸躍るような気持ちで観ています。
あの原作を忠実になぞっていくなら、絶対に傑作になるはず!
期待してますよ、NHK!!

それにしてもここへ来て、NHKが歴史ドラマに力入れまくってる気がする・・・

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する