スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝 第1回

龍馬伝、いよいよ開始です!

今回の大河はいろいろと異例づくめだそうで。

・語り手(岩崎弥太郎)の回想として描かれること
・四部構成であること
・ヒロインが4人いること

あたりが挙げられています。

そんなわけで、いきなり冒頭は文明開化後、洋装の人々が西洋音楽をバックにパーティーしているところから始まりました。

語り手の岩崎弥太郎は、香川照之。


…………ん?


そうです、正岡子規も香川照之。

つまり、ついこの間まで血ィ吐いてぶっ倒れてた人間が、二宮金次郎の10倍くらいのデカイもん背負って駆け回っているのです。

何という違和感ww

あの背中のものはいったい何なんでしょうか……もはや彼のデフォですか。何回まで続くのか、ちょっと楽しみだったりします。


違和感といえば、坂本乙女。
龍馬の姉で、文武両道の女傑と名高い人物ですが……
身長5尺8寸(約174cm)体重30貫(約112kg)という巨漢ぶりは完全無視ですかそうですか。
とはいえ、それを忠実に再現しようとしたら、マツコ・デラックスくらいしか思いつかないので、やめた方が無難だと思います。年末番組じゃないし。


肝心の龍馬ですが、泥かぶっても相変わらずイケメンオーラ全開すぎて笑えました。(笑うとこかそこ)
キャスティング聞いた時はどうなんだろと思ってましたが、これはこれで良いのではないかなと。

あと、武市がダメキャラ設定だったのも意外でした。冷徹で非情なイメージがあったんですけどね……下戸ってのは本当なんでしょうか。人斬り以蔵もだいぶ柔らかかったしなあ。


とりあえずそんなわけで、今年の大河もまた引き続きレビュっていきたいと思います。

コメント

たまやさん、こんにちは~
コメントありがとうございます♪

坂の上の雲、再放送も見逃すと……(汗)
総集編でも放映してくれないかな~と思っているのですけどね。
もし良ければ、録画分お貸しできますよ。第5話なら。

何だかんだで大河ドラマは戦国・幕末のどっちかがほとんどなので、多くの日本人にはお馴染みの時代なんだろうな~と思ってたりします。私は大河ドラマを全部見通したのって、義経と天地人だけだったりしますが(汗)

そうですね~武市や以蔵は今後、豹変しそうですよね。
というか、周囲の人間もきっちり描き込んでほしいです。天地人は、上田衆がただのモブで終わってしまった感があったので……;;

弥太郎の籠、売り物なんだろうとは思うのですが、いつも背負わされているのが、何か漫画やゲームのキャラ設定(着たきりすずめ)みたいでちょっと笑えてしまいました……(苦笑)

2010/01/06 (Wed) 12:18 | 遼 #XggCOD8. | URL | 編集
こんにちは

こんにちは、たまやです。
私は坂の上の雲、5話を見逃してしまって、気がついたら続きは今年の年末です。
ひどい空きっぷり(笑)生殺しですよねー!

龍馬伝は私も期待せずに見よう…てな感じだったのですが、意外や意外。
まだ1話なのでこれからまだわかりませんが、キャストも構成もしっかりしていそうな気配v好感触でした。カメラワークも気合い入ってましたねー。
やっぱり戦国よりも幕末は時代劇を見ていればわかるレベルの時代背景なので、人物に集中できて、ドラマ向きだなーと思いました。
戦国ものは「大河アニメ」というジャンルを作ればいいのにと常々思う私なのでありました・・・。


武市や以蔵が柔らかかったのは、土佐時代とのちのちを対比させる意味もあるのではないでしょうか?
特に劇的に以蔵は変わりそうなので龍馬との対比に当て馬化しないといいなーとか1話から思ってみたり。

それから弥太郎が背負っていたのは売り物の虫かごではないかと思うのですが…。いかがでしょう。

2010/01/04 (Mon) 16:53 | 管理人 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。