坂の上の雲 第4・5回

泣いてもいいですか。


あ、ドラマの内容ではなくね。


第4回が最後の30分しか録れとらんかったー!!!


録画機、チューナー2本入ってるんですが、時々かぶってうまくいかない時があるんですよね……
そんなわけで、再生と同時に真之が砲弾浴びているという端折りぶり。
始まって2分で、部下が死んでしまいました……

そんなこんなで、第4回はあっさり終わってしまいました。
前半に兄さんが出てたんじゃないかと思うのですが……うううう。


気を取り直して第5回。

これはさすがに録れていました。録れてなかったら暴れ出すところです。
前回、30分足らずで日清戦争が終わってしまったのが消化不良だったのですが(ドラマのせいではない)、いよいよ日露戦争が迫ってきたところで第一部が終わりました。
まとめと次回予告って感じの話でしたね~。あんまり大きな山場はなかったような。

幼馴染が立派な軍人になって世界へ羽ばたいている一方、自身は病床から動けなくなった子規の痛みが伝わってきます。
この前、歴史秘話ヒストリアで子規の回を観たのですが、妹の律の献身ぶりに泣きたくなります。
病床から動けなくなった兄のため、庭の見える範囲に固めて色とりどりの植物を植える……
寝返りが打てなくなったら、今度は天井まで植物の蔓をつたわせる……
目で楽しむことができなくなったら、鳥籠に鳥を飼って鳴き声を聞かせる……

その一端として、ドラマ内でも鳥籠が置かれていましたね。
しかし子規はまだかろうじて動いていましたが。
第一部ではまだ生き延びていたのが、少しばかり意外でした。でも第三部まで生きられるんでしょうか……??

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する