TVレビュー

最近、録画の消化をしていて、面白かったものをちょいとレビュります。

歴史秘話ヒストリア「古城に眠る秀吉の"Beobo"」

「古城に眠る」なんて言うと、まるで西洋の城みたいじゃん……と思ったら、本当に西洋だった。
オーストリアで近年発見されたという、大阪城図の描かれた金屏風。(Beoboというのは、西洋で「屏風」のことを指すらしい)
しかし屏風といってもあの形状を保ってはおらず。1枚ずつバラバラにされた上、間に別の板絵(中国もの)を挟んで交互に壁に埋め込まれていたため、屏風であると長年気づかれなかったそうです。
しかも中国ものだと思われていたみたいで……。

この発見により、今は失われている大坂城の元の姿がわかるようになったとのこと。歴史学的にも大きな進歩になるといいですね。

なお、自分がとても気になったのは、この屏風が蝶番のところから傷んできたため、バラバラにして修復を施したため、今でもキレイに残っていた……というところでした。裏に、いかにも西洋なキャンバス地が貼られていたのですよー! ああ、もっと修復の話を突っ込んでほしかった……(番組の趣旨が違います)

なお、天正遣欧使節団が運んだ屏風もバチカンにあるようなのですが……膨大な資料に埋もれて、どこにあるのかわからない状態だそうです。まあ、見せてくれっつっても大変そうな場所ですからねえ。(汗)
この番組はいつも録画しているのですが、特にこの回は面白かったです。

「だましゑ歌麿」

これはだいぶ前に録画したスペシャルドラマ。
最近NHKばかりなので、民放は久々かも。しかし結局また時代物ですが。

それにしてもテレ朝は水谷豊頼みすぎませんかと、ちらりと思ったり。ただ、物語の主役は橋之助の演じる同心なんですがね。歌麿役の水谷がちょっとオーバーアクションすぎるのが気にはなりました。

でも全体的にはとても面白かったです。原作、読みたいと思いつつまだ読めてなかったんですが、さすが高橋克彦だなと。

でも最後の「だまし絵」はどうなんだろう! 反則技じゃないですか!?
あと、お江戸ものだとラストが大団円すぎても気にならない……というかむしろホッとするのはなぜでしょう。慣らされてるんですかね。(苦笑)

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://tenqgi.blog34.fc2.com/tb.php/578-872cc6d6
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最近の記事

最近の発言

最近のトラックバック

プロフィール

Author: 遼
 ・管理サイト→ひっそり運営中
 ・美術ブログ→美術語りブログ
 ・携帯サイト→ ケータイ小説配信中
 ・読書メーター

リンク

ブログ内検索


「三侠五義」復刊応援中
紹介・投票はこちらから

素材提供
NOION 空色地図 A Trial Product's 素材置き場
*Free Photos


ASPアクセス解析

  • pagetop
Copyright © 遼