反逆


遠藤周作「反逆」(上・下)

だいぶ前から読みたいと思っていたのですが、なかなか古本で出回っておらず。(読んでいる人口が少ないのだろうか)
先日、ようやく古本で見つけて購入したものです。新刊以外はなるべく定価では買わないようにしています(汗)

さて、それはともかく。この物語の主軸は、信長に「反逆」した荒木村重、明智光秀を中心に描かれています。
が、その2人以外の人物の心情も盛り込まれており、それだけに少し焦点がぼやけてしまっているようにも感じました。特に後半、村重が表舞台から退場してから。
まあ、いろんな人間を描きたかったということはよくわかるので……どちらかというと「小説」ではないなあという気がしました。

前半の、村重が反逆に至るまで、そして転落するまでの追い詰められていくさまは、実に見事な筆致でした。「小説」であるならば、彼が傷心を抱えて脱俗したところで終わるんだろうと思います。
村重と同じくらい、細やかに描かれていた周囲の人物としては、妻「だし」と竹井藤蔵が印象深かったです。周作先生のお気に入りだったんでしょうね。


他の人物たち

松永久秀→内面はあまり描かれていないものの、やはり意味不明すぎて印象に残る怪人物。本能寺よりもむしろ派手だった爆死シーン。

高山右近→戦いたくないなら、戻らずにそのまま俗世から離れればよいものを。律儀に挨拶する必要もないような。戦国時代の引きこもり武将。

羽柴秀吉→最後まで「反逆」はしなかったものの、常にその芽を見えないように抱えていたということがよくわかります。世渡り上手の鑑ですね。

織田信長→魔王というより神ですか。好きな歴史上の人物第1位に挙げている人々にも読ませたい。

明智光秀→かなり倒錯したMっ子武将。ところでそんだけそばにいたら、うまいこと毒殺とか暗殺とかできなかったんですかねえ? 誰かに罪を着せて成敗すれば、こんな突発的下克上などしなくても済んだと思うのですが。

柴田勝家→「反逆」とはまったく無関係なのに、なぜ最後はこの人で締めたのだろうか……。それまでほとんど出てこなかったのに。

全体を通して思ったことは、「大事をなす時に他人を当てにしてはいけない」ということでした。
村重の反逆は、毛利の援助がなければまったく成功しないし、光秀の反逆も、仲間と思っていた人々の理解が得られなければ、自滅が待っているだけでした。「きっと助けてくれるだろう」という期待ではなく、必ず支援させるように仕向けておいて(情ではなく、相手の退路を断ったり、人質を取ったりなど)、それでも裏切られた時の次善策を組み、自力だけでも成功できる算段がつかない限り、博打に出るべきではないと思いました。
まあ、それができた人こそが天下を取れたわけなんですけどね。

攻撃を受けたわけでもなく、黙っていれば力を蓄えておくこともできたのに……なぜそのタイミングで激発してしまったんだろうなあと思ってしまいますね。
まあ、歴史は後世から何を言っても無意味だとはわかっていますけれども。

さて、次は何を読もうかな。
積読本のごく一部を「読書メーター」のほうに登録してみたのですが、見事にほとんどが歴史・時代物でした。(苦笑)
  • Category:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する