スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂の上の雲 第1回

いよいよ始まりました、スペシャルドラマ。
「坂の上の雲」第1話を観ましたので、ざっくりレビュってみます。

まず一言。

うん、いいドラマだよね。

……。

…………。

………………あれ?

何ていうか、現時点では特に文句のつけようのない状態であるだけに、ツッコミどころがなくて物足りない自分がいる。

天地人が5分ごとに突っ込めるスペシャルなドラマだっただけに、この落差に戸惑っています。もしかして大河制作班、途中からこっちにシフトしてしまったんじゃないでしょうか。

実を言えば原作をまだ読んだことがなく(司馬先生ごめんなさい)、しかも近代の戦争のことはまったく知らないので、秋山兄弟って誰ってとこからスタートです。是清と子規はさすがに知ってるけどね……。でも正岡子規と聞いても野球しか思いつかない人です。ごめんなさい。

そんな具合なので、「へー」とか「ほー」とか阿呆みたいに頷いて観るしかないというこのドラマ。ちゃんと理解できるのであろうか……。

そして阿部兄さんのストイックっぷりにおののいていました。余計なものは持つなっつっても、雪の上を裸足とか鬼すぐる……(涙目)

とはいえ今回はまさに導入なので、続きが楽しみです。時代背景とかほとんどナレーションで済ませちゃってますからね。しょうがないとは思いますが。

それにしても歌はサラ・ブライトマン、音楽は久石譲とはなかなか豪華に固めてきてますね。キャストだけでなく。
でも、エンディングの映像は「坂の上の雲」というより「山の上の雲」だと思います。思いっきり山頂ですやん。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。