スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天地人 28回

第28回「北の独眼竜」

いよいよ伊達政宗の登場です。
間違っても英語混じりの陽気な野郎ではありませんよ。(番組が違います)

しかし……

それにしても政宗のイメージが違いすぎるのだけど……

眼帯、似合ってなくないですか!?(そこ!?)

いや、別に今さら渡辺謙を連れてこいとは言いませんけど……
(しかも昔すぎて観てないです。すんません。いつか観てみたいとは思ってますが)
ついでに言うと、正室が謙さんの娘って、明らかに狙ってますよねNHK。

うーん、あと小十郎……つか、片倉景綱もいまいちパッとしないし。
メインは当然のこと上杉とはいえ、伊達家ももうちょい力を入れてほしいです。
いきなりキレて斬りかかるとか、いつからおまえは現代っ子だよ!

笑えたのは、安産のお守りを彫る兼続と、かっつんとの主従漫才。何か戦以外のシーンだと和むわ、この二人。大河ドラマなのに朝の連続テレビ小説的な香りがします。


さて、いよいよ来週は小田原攻めで天下統一……のはずなのに、今頃何しに来た!?という感じで現れたのが、遠山。すっかり存在忘れてたよ。
トラを見捨てて逃げた爺さんです。視聴者の多くがすっかり忘れているのではないかと思います。ていうか、トラの配下にいた、謎の眼帯男の方が印象深いんですけど。
政宗とは無関係ですよね!?(眼帯しか繋がりないよ!!)


そして先週、わざわざ天地人紀行でフォローしてもらった与七、外交の手腕をまったく見せてもらえませんでした。いまだ爪を隠しているのか!?
そして深キョンの淀殿はどうなんだろうか。ドロンジョ様で止めておくべきではないのだろうか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。