スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三国志

映画の2を観る前にと思い立ち、吉川版の三国志を再読し始めました。
ひとまず必要な赤壁の巻は読了。
読んでからもう十年以上も経つので、ほとんど忘れ去っていました。(汗)
しかも当時は図書館で借り、その後1冊100円の古本で全巻そろえたんですが、買ってから一度も読んでいなかったという。
やはり、面白いですよね。公瑾が根性悪なことになってますが。(苦笑)
でも、例によって血ィ吐いた瞬間、キターーーー!!と思ってしまいました。

映画で吐血シーンはあるのでしょうか!?


あと、この前の映画レビューに追加ツッコミ。

周瑜は剣が使えない!?

趙雲をかばう時も、なぜか剣で矢を払わず、あえて刺される周瑜。体を斜めにするより、剣を使った方が早い気がするんですが。

ニンジャ並みのアクションを見せたあのシーンも、なぜ矢を素手でぶっ刺すのか!?

長い得物をついに持った・・・と思いきや、旗の柄かよ!! 布地がある分、余計に使いにくくないか!?

というわけで、意地でも剣や槍を持たなかった周公瑾でした。
ついでに言うと、「曹」旗を逆さに立てるシーン、漢字圏以外の人々にはサパーリだと思うんですけどね・・・。
「Oh, トニーが旗を立てたわ! Why!?」てなことになるんじゃあ。


そして、この三国志ブームに乗るように、ついにゲームも登場・・・
て。

乙女ゲー!?

キャラ紹介とか見てるだけで、すべてがツッコミ要素なので、違う意味で物凄く面白いんですけど。
本来、四十過ぎのオッサンたちがキラキラのイケメン青年になってますよ。すげー。
こちら

しかし、何ゆえ「美周郎」が一番イケメンでないことになっているのか!?

でも何か凄くやってみたい気がします、コレなら。(笑)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。