スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天地人 第10話

はいはい、天地人ですよ。
今回のテーマは「イケメン」。
あ、そこ、引かないで! マジで、NHKが初っ端から「イケメン」と出してきたんですから。そしてなぜか武将好き女子たちの映像・・・
あれ、クローズアップ現代の時間でしたっけ?

そんなわけで、今回は「イケメン、キレる」でした。
樋口親子がつついてつついてつつきまくった結果、イケメンがマジギレしました。
上杉兄弟(何かタッチみたいな呼び方だな)で仲直りに一席設けたりすりゃ良かったのかもしれませんがね・・・まあ仕方ないのか。どうしても御舘に持っていかないといけないので、こんなところで仲良し兄弟イベントを発生させている場合ではないのです。
今年の大河はスパンも短めなので、とっとと関ヶ原まで持っていかねばならんですからね。

それにしても、樋口父。「わしが説き伏せる」とか言ったのに、ちっとも説き伏せた映像が出てこないのは何。仕様?
ま、あの風貌からして切れ者とはとても信じられないので、結局は「刃物の勝ち」というだけなんじゃないでしょうか。って、脅迫じゃん。かっつんも、もうどうしようもなかったんじゃないかと・・・。
そして樋口兄弟のダメダメっぷり。これはデフォですか。
だというのに、弟に向かって「私から一歩も離れるな」とか言ってるんですが、おまえのそばが一番危ないだろと、上田衆が心で叫んだと思います。

そして・・・
キターーーーーー!!
例の眼帯!!!
ここで来た。来たのに・・・
・・・は?

何その芸人の罰ゲームみたいなおしおきは。

とりあえず、川に落ちただけなので、奴はまた生きて戻ってくると思います。
しかし、「忍のくせに鳴り物(鈴)を持ち歩く初音」以上に謎な、「なぜか木枯らしとともに現れる眼帯」。もしかして凄まじい鼻息なのか!?

一つ一つの演出に突っ込んでしまうところが、かえってNHKの術中にはまっている気がしてなりません。

あ、あと今回とうとう兼続、泣きませんでしたね!
お赤飯を炊いてあげてください。

本日のイケメン

予告を見た時、すわDVかと思ったんですが、そうではありませんでした。
それにしてもあの表情演技のない華姫をホントどうにかしてほしい。
仙桃院様とイケメンのツーショットが密かに好きです。仙桃院様、お美しい・・・。
で、イケメンですが、遠山に騙されまくってて、実はアフォなんじゃないかという疑惑が・・・。
自分が北条の者だとか言い出したらおしまいだろうに。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。