飛ぶがごとく

最近、近所のコンビニの店員さんが頻繁に入れ替わっています。
ちょっとべらんめえ口調な中国人の店員さんもいなくなってしまったし。(○○円のおけえしです、ありがとうごぜえました、等)
その代わり、最近朝のシフトで入っている青年が、どうにも動作が遅くてイラっと来てしまうのです。明らかに、一般人の1.5倍くらい遅い。ムキー!
喋り方も、山口もえや、ゆうこりんと同じか、それより遅いくらい。キャラか? キャラなのか!?

しかし、一つ気になることがあるのです。その青年の名札。
苗字を仮に山田とでもすると、「やまだ(飛)」とあるのです。
飛!?
それ、何て名前!?

どうしても「飛雄馬」なんじゃないかと思えてならない今日この頃。オヤジが巨人の星ファンだったりして。
そして名札に気を取られていると、苛立ちも少し緩和されるような気がします。

コメント

やっぱり、飛雄馬しか思いつきませんよね。
飛車!
何か、将棋漫画とかに出てきそうな気もします。(笑)

2008/04/03 (Thu) 21:29 | 遼 #XggCOD8. | URL | 編集
コメント

「飛」で思い出すのはやっぱり飛勇雄馬しか思いつかないです。将棋の飛車などはありえないですし。飛翔と書いてなんと読むかとかいろいろ考えますね。これだとレジに並ぶのはたのしかったでしょうね。

2008/04/02 (Wed) 05:08 | Claude Monet #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する