本と雑誌

先月は奇跡的に本を買わなかった月でした。
あまり読めない月はあっても、買って溜めてしまう悪癖があるので。
で、先月は「牧野義雄画集」1冊のみ! 快挙です。しかも安いし、この画集。

ただその分、ここ最近はいつもより雑誌を買ってしまっています。
一月ゼロ冊がデフォルトなので、自分。(たいていは立ち読みで済ます<本屋の敵)

・日経PC21(HD増設のお供)
・Newsweek(大統領予備選記事が面白そうだった)
・Newton(iPS細胞のページ数が日経サイエンスより多かった)
・アスキードットPC(VHS→DVD編集を現在画策中)
・地球の鉱物コレクション(また創刊号につられた)

うん、なんていうか、色気の欠片もねえラインナップだなと自分でも思います。ええ。ちなみに某短編目的で小説新潮は細々立ち読みしてます。(もういい)

そして地球の鉱物。
相変わらずデアゴの創刊号につられ続けています。チラ見すらも体が拒否したのは、ケーキ&デザートくらいのものか。(写真見てるだけで胸焼けしてくる体質なので)
まあ、歴史系のシリーズはパラっと見て苦笑いするだけなんですけどね。たいていいい加減な編集だから。
それはともかく鉱石です。創刊号はアメジスト。390円なんて言われたら、必要なくてもつい欲しくなるじゃないですか!
で、本当は発売から間もない頃に近所の本屋へ行って買うつもりだったのですよ。しかし、別の売り場をふらふらして戻ってきたら、残っていた2冊ともなくなっていたのです。たかだか10分くらいの間に!

てことで、本日は買うつもりではなかったのに某書店で見つけてしまって、つい手にしてしまった次第です。それにしても予想以上に大きいですね。これでこんなに安くていいんでしょうか。

そういえば昔、学研の科学で鉱石の付録がついてきたことがありました。
石英、黒雲母、紫水晶、花崗岩、閃緑岩・・・だったかな。何かが違うような。あと1個くらいあった気がする。手元に紫水晶だけ残っていたので、大きさを比べてみることにしました。



学研、小さ・・・・・っ!!!

それにしても、こういうのとか「大人の科学」シリーズとか、かつての学研の付録好きな子供たちをピンポイントでターゲットにしている気がしてなりません。
でも実はまだ「大人の科学」は買ったことないんですよ、これでも。手を出し始めるとキリがない気がするから。(汗)
  • Category:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する