驚いた

最近、新刊チェックとかしなくなって久しいので、まったく気づいてもいませんでしたが。
いつの間にか、「EDGE」が講談社文庫から出ていたのですね。
元はホワイトハートですよ。十二国記と同じパターンになろうとは。
いや、あれは確かに少女向けレーベルの作品ではなかろうとは思っていたのです。自分が読めたくらいだから。(笑)

かなりダークなプロファイラーが主役の、SFチックなサスペンスです。(何だこの説明は)
地味~に地味~に何年かおきに出ていて、ようやく完結した・・・はずなのに、まだ最終巻を読んでいません。(汗)
既刊は手放してしまったからなあ。
でもラストはさすがに気になるので、いずれ読むつもりですが。
と、図書館・・・!? でもまだ講談社文庫に落ちてないから、ホワイトハートで借りろってか??(汗)

先年、コミック化もされて、じわじわと人気が出ているようで、これもオドロキ。
ちなみに作者のとみながさんのサイン入り図書カードなんてものも所有していたりします。これも懸賞で当たったんですよね・・・。いまだに使わないまま引き出しに眠っています。


今日は移動中に、宇江佐真理さんの「涙堂」を読了。感想はまたいずれ・・・。
本当はそろそろお江戸から戻ってきたいんですけどね。でも図書館で米村さんの「エレキ源内 殺しからくり」なんて本を借りてきてしまっているので、まだ戻れそうにありません。
積んだままの佐藤賢一も何とかしたいんだけどなあ。フランスにいきなり飛ぶか。飛べるのか年内に。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する