スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペース+読書記録


加納朋子「スペース」

発売されてから結構経つのですが、ようやく読めました。
「ななつのこ」「魔法飛行」と続く駒子シリーズの最新刊。

しかし・・・うーむ、微妙。
昨日の「楽昌珠」とは逆に、かなり期待していた分、拍子抜けだったというか。
デビュー作の「ななつのこ」から十年以上も経っているので、以前と同じというわけにはいかないのでしょうけれど。
何というか、少女小説的な色が物凄く強くなっていたような。(汗)
あと、駒子がほとんど活動していないのが、かなり物足りなかったです。瀬尾さんなんて、とりあえず顔を出しているだけのようだし。

途中で出てくる「手紙」を読むのがかなりキツかったです。女子高生のおしゃべりを延々と聞かされているような感じで。この中に「謎」が混ぜてあるんだろうとはわかっていても、斜め読みせざるを得ませんでした。(汗)

ここまで甘々に仕上げなくてもいいんじゃないかな~とも思ったり。
いろいろと足りない感じでした。うう、残念。
多分、今回メインになっている子にまったく共感を抱けなかったのが原因だろうと。作品自体は悪くないとは思うのだけど。

11月の読書を振り返ってみる。

宇江佐真理「室の梅」
NHK美の壷「蒔絵」「藍染め」
笛吹明生「三人道中ともえの大波」
京極夏彦「邪魅の雫」
畠中恵「しゃばけ」「ぬしさまへ」「ねこのばば」「おまけのこ」「うそうそ」(再読)

以上、10冊。意外と多いようですが、半分は再読。ええ、もちろんドラマのせいです。観てたら原作を読み返したくなって。
昨晩は「スペース」がちょっと物足りなかったため、「ちんぷんかん」も再読してしまいましたよ。(汗)

ほとんどがお江戸。美の壷は日本の伝統工芸だし、京極は昭和が舞台。
全体的にジャパネスクな霜月だった模様です。
世界史ものを一冊も読まなかった月なんて珍しいよなあ。
  • Category:

コメント

全4部なのですか?
うーん、でもこれはこれで終わっても良いかもしれないな~とも。

「ななつのこものがたり」も図書館にあったので、こちらはまた改めて読んでみようと思います。

2007/12/09 (Sun) 00:33 | 遼 #XggCOD8. | URL | 編集

『スペース』は確かに甘いですよね。
「スペース」「バックスペース」の二部構成は悪くなかったんですが。
このシリーズは全4作と聴いているんですが,
まだ続きが書かれることはあるんですかね。
このまま終わりでもきれいな感じはします。

もし未読なら『ななつのこものがたたり』も是非。
シリーズ愛読者なら微笑む趣向が凝らされています。

2007/12/08 (Sat) 19:19 | 森山 #WU54VeHQ | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。