スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水物語

それは昨晩、ちょうど0時のこと。
驚くべき、ある事実に気づきました。

み・・・水・・・・・・っ

水 が 出 な い !!!

そう、どうやら断水です。
いったい何があったのか!? それとも蛇口が壊れただけなのか!?
しかしあちこちの蛇口をひねっても、すべて止まっている。

ど・・・どうする・・・!?

夜中にスーパーかコンビニへ水を買いに走ろうかとも思ったのですが、もしかしたら朝には戻っているかもしれないと、淡い期待を抱いてそのまま寝ることにしました。
すでに1時近くだし、そんなことしていたらどんどん夜が更けるだけ。
ただ、朝になってもまだ断水している可能性も考え、目覚ましを早い時間にセットしておきました。

そして5時半。

・・・まだ止まってる。

あかん。もうあかん。
これは一刻の猶予も許されません。なぜなら、もし地域全体で断水が起こっているなら、大勢の人がスーパーに殺到するからです。夜中に買いに走ろうと考えたのも、朝早くに起きたのもその理由からでした。

そして顔も洗わない(洗えない)まま、近くのスーパーへ駆け込みました。
真っ先に向かったのはペットボトルコーナー・・・ではなく、トイレ。
いや、用を足すのではなく、水が出るかどうか確認するためです。
で。

出た。

・・・は?

うちのマンションだけかよ!!!

どうも断水しているのはごく一部の限られた世帯だけの模様です。
しかし、だからといって状況が好転するわけではありません。すぐに直るのかどうかも怪しい。そして顔すら洗えないまま、出勤するわけにはいかない!!
と、2リットルのペットボトルを買い込みました。1本97円の一番安いやつ。
ただ、あえて軟水を選んでおきましたけどね。

2L×6本=12L=12kg!!

それを両肩に担いで、3階まで階段で持ち上げねばなりません。
腹は減り、水も飲んでいないのに、何でこんな重労働をしなけりゃならんのか・・・。
眠いわ焦ってるわで、せっかくマイバッグ持ってったのに(ビニールではとても持ち上げられない)、うっかり申請するの忘れて2円引いてもらい損ねましたよ!!

そして大家さんに電話したり、あちこちのお宅と相談したり、ペットボトルの水で朝食の用意をしていると、インターホンが鳴りました。
何と、大家さんがポリタンクに水を入れて持ってきてくれたのです。て、70代のお婆ちゃんですよ。3階まで! うわー、朝からもう何か感動的でしたよ!!
大家さんは離れたところに住んでいるので、もちろん水は出るのです。何と素晴らしい差し入れでしょうか。

そうして、ああだこうだとしているうちに、出勤前に何と! 再び水が出るようになりました!!
ああ、あのさやかな水音の喜ばしいことと言ったら!!

こんなに水は重要なのかと改めて感じさせられた一件でした。
「湯水のように」使っていられるのが当然と感じてはいけないのですよね、本当に。
そして被災したらこんなもんじゃないんだよな・・・と、今からちゃんと備えておこうと肝に銘じました。


ちなみにペットボトルは5本余りましたとさ。
・・・ま、非常用に何本かとっておきますけどね。家には数本のお茶と1本の水のペットボトルしかなくて、断水の事実に気づいた瞬間、蒼くなりました。(汗)

コメント

常に10L完備とは素晴らしいです、お母様!!
それにしても本当に、断水の恐ろしさを知りましたよ・・・

常に水不足とは無縁な地域なので、うかうかしていました。(汗)
今後は気をつけねば・・・ッ

2007/11/15 (Thu) 22:44 | 遼 #XggCOD8. | URL | 編集

他人事じゃないです!!
うちなんぞ断水になったら大変。
一応冷蔵庫にいつも2Lの水と麦茶はありますが、こんなもんじゃ全然足りないですよね。
母はいつも10L常備してます。
オソロシイ年寄りです。
そちらの大家さんもアッパレ。

ちょっと寝る前に薬缶の水を確認してまいります!!

2007/11/14 (Wed) 23:54 | ちゅん吉 #qx6UTKxA | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。