スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンペイ 1万人が残した落書き

昨日予約録画した「ローマ帝国」、朝っぱらから観てしまいました。
いやね、放っておくと、どんどん録りだめビデオが増えて困ってしまうんですよ。現在も、どこに何があるのかわからない状態なんで。

第2回のポンペイ……アプローチの照準は「1万人が残した落書き」ということでした。紙が普及していないので、待ち合わせとか、ツケの書きつけとか、選挙の公示とか、いろいろなことに壁が使われていたことが判明。
前回のTBS放送のは、ヴェスヴィオス火山噴火がメインだったので、中身は全然違いました。よかった、かぶってなくて。
まあ、それだけにドラマ性はあまりないので、すんなり終わってしまった感じはしましたけどね。その辺がNHKというべきなのか。例の青柳教授もやっぱり出ていました。

次回、最終回は「ハドリアヌスの長城」だそうです。これを聞くとアーサー王しか思い出せないんですが、自分。(笑)
ローマ帝国最北の国境、ブリテンの城壁。
全3回でアルジェリア、ポンペイ、ブリテン……と3つの都市遺跡を追うわけですね。何となく地味なシリーズですが(笑)、また特集でやってもらいたいものです。3回だけではちょっと物足りない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。