おまけのこ/うそうそ+α



畠中恵「おまけのこ」「うそうそ」

結局、単行本で買ってしまいました。何しろ、図書館は予約待ち状態なので・・・とても待ちきれませんから。(汗)
普段はハードカバーは買わない主義なんですが(高いしかさばるし)、これはソフトカバーだしね・・・!と意味不明な言い訳を自分にしてみます。それに、装丁がなかなか良かったんですよ。手触りとか、あとカバー下も凝っていて。
それはともかく覚書。

「おまけのこ」
全体的にあっさり風味な気が。というか、脇役にスポットが当たっていたような気がしますね。屏風のぞき、お雛さん、鳴家など。ちょいとひねくれ者の屏風のぞきの人生相談、結構楽しませていただきました。(笑)
あとは、表題作の「おまけのこ」かなあ。鳴家が可愛いです相変わらず。絵本を読んだ直後なので、余計に可愛さがつのります。

「うそうそ」
熱帯レビューではイマイチ評価が良くないようで。(汗)
確かに、ちょっと詰め込みすぎな気がしないでもなかったです。いろいろと錯綜していて、読んでいて少し整理しにくいような。
とはいえ、姫神に自分を重ねた若だんなが、「しっかりしなくては」と改めて思い知らされるくだりなど、相変わらず心情描写は秀逸だと思います。ただ、そのまま箱根から帰ってこなかったりで、ちょっと最後が半端な気もしました。
というか、個人的には手代コンビがイマイチ出てこなくて、それが物足りなかったなーと。
というか。この手代さんたち、実は役に立たないんじゃ・・・!? という気がしてきました、近頃。大事な時にぶっ倒れててどうするんだキミタチ。


「はるがいくよ」
さーて、こちらは最新作。実は新潮の携帯サイトで購読しました。
もう早速ですよ、この人。(苦笑)
あんまりケータイ小説って好きじゃないんですけど、こういう時は好き嫌いを言ってもいられないので。まあ、読みたいものだけ読み終えたら解約しますし。
以下はネタバレなのでご注意を。


いきなり若だんなに恋人かー!?
と思わせておいて、やっぱりそうですか。このままうまくいけば、先日書いた通りの「妖で、同じ年頃のおなご」が定着しそうだったのに。ううむ、残念。
それにしても・・・今回はあまりに切なかったです。
松之助は嫁取りして出て行ってしまうし、いつの間にか栄吉は家が火事になっていて、また遠くへ行ってしまうようだし。読んでる身でも寂しいですよ。
うーん、このシリーズもいったいどうなってしまうんでしょうね。定着キャラが次々に離れてしまって。仁吉も佐助も離れることはないでしょうけど・・・また新しい人(?)たちが現れることを期待します。


さて、この「はるがいくよ」も収録された新刊は、なんと! 6月20日発売ですってよ! 忘れずメモしておかねばね!!
  • Category:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する