スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

墨攻



久々に映画館へ行きました。
休みを合わせた友人と、最初は「ディパーテッド」を観に行く予定だったのですが、何と「墨攻」がM市に来ていることが判明したため、急遽変更したのでした。地方にまで来るとは思いませんでしたよ! そんなわけで、我々はディカプリオよりもアンディ・ラウを取りました。(笑)

さてこの「墨攻」ですが、原作は酒見賢一の同名小説・・・を元にした漫画です。漫画のほうは一度も読んだことがないのですが、小説のほうはかなり昔に読みました。
が! すっかりさっぱり忘れてしまったようです。観ていて、まったく思い出せないことに気づきました(汗)。でもラストは相当に違うような気がします。多分。

それにしても、あまり良いとは言えない、小さな映画館で、平日だということを差し引いても、まったく人がおりませんでした。(多分、自分たちを含めて4人しかいなかったと思う)
まー正直、墨家と聞いてもピンと来る人もそう多くないでしょうしねえ。何しろ今、変換しようとしても出てきませんでしたよ。(儒家は出る)

舞台は秦が統一国家を建てる前、戦国時代の小国、梁。趙の大軍が攻め入ってきて絶体絶命となったその時、たった一人で梁を救いに来た男がいた。それが墨家の徒、革離であった・・・
とまあ、そんなところから話は始まります。
ストーリーはさほど難しくはないので、戦国~秦の流れを軽ーくでも知っていれば充分だろうと思います。

全体的にはかなりツボ。
無駄なワイヤーアクションもなく、やたら派手な効果も華美な表現もなく、地味な墨家の物語にはぴったりだと思います。「HERO」や「LOVERS」なんかは映像美を求める一方でストーリーがかなり破綻してますからね・・・それはそれで良いけれど、こういう正統派な作品のほうがやはり落ち着きます。あと、「始皇帝暗殺」のような、承服しかねるラストでもなく、時代を上手く描けているかと。
ただし、人を選ぶ作品ではあろうとは思います。恋愛色もほとんどないし、固めの歴史ものが好きでないとあまり楽しめないかもしれません。

と、ここまで上げておいて、恒例のツッコミのお時間です。
・マフラーを気にするアンディ・ラウ。
→何度も何度も巻き直して、めっちゃ気になるって! 君はヨン様か?
・オシャレ墨者ラウ&ベリー
→施しは受けないとか言いながら、ちゃっかり服も靴ももらってますよ。つか服、着替えすぎだろ?
・馬、多すぎ。
→騎兵の数が多すぎませんかー? この辺りってまだそんなに騎馬兵は定着してなかったような気がするんですが・・・遊牧民族でもないし。
あまりに気になりすぎて調べてみたら、やはり時代考証がちょっとズレているようです。この舞台は紀元前370年ごろですが、趙の武霊王が胡服騎射を採用したのは紀元前307年なので、60年くらいのズレがありますね。当時、戦は戦車が活躍していたはずなのに一台も出てきませんでしたから・・・。
本当は、戦車が見たかったんだよう! 滅多に見られないからさー。


などと、いろいろ突っ込んではみたものの、かなり面白かったことは事実です。DVDが出たら欲しくなってしまいそう。
アンディ・ラウももちろんカッコよかったですが、弓の名手・子団も結構良かったです、自分的に。パンフで見てみたら、何か元アイドルグループにいた人らしいです。そうか、いわゆるJ系なのか・・・(汗)
あと、漫画のほうも読みたくなってしまいましたよ。今、文庫に落ちてるみたいですね。そのうち増えてしまいそう。この前、皇国の守護者をうっかり増やしてしまったばかりだというのに。(汗)

コメント

こちらイナカなので、二人や三人しかいないこともしばしばです・・・あまり評判になってない映画。(汗)

ちゅん吉さんもご覧になりましたか!
でもホント、良かったですよね~。できればもう一度観てみたいです。今から何だかDVDが待ち遠しいです。(笑)

あ、アンディの髪型、原作漫画では坊主で、アンディも坊主に乗り気だったのに、製作側からストップがかかったそうです。でも坊主の方が良かった気もするんですけどねえ。

地味な感じがかなり好みでした。久々に良い映画を観られて幸せです。(笑)

2007/02/15 (Thu) 18:54 | 遼 #XggCOD8. | URL | 編集

今日休みだったもんで見てまいりました!
いや~~、ホントがらがらでした・・・
今まで色々平日一人映画見てきましたが、こんな空いてるの初めてです・・・
結構広い映画館なんですが、たぶん全部で10人前後。
オジサンかオバサンが一人で見に来てる・・・(そして、その一人なわけですが。)

見がいのある作品だと思います。漫画も読んでみたくなった・・

確かに馬が多くて、騎馬戦風?なのは、時代を考えるとちとおかしいですね。

悩めるアンディが素敵でした。
私は子団にかなりほれこみました。弓を射る仕草が素敵で。
つっこみどころとして、髪型かな?
革離の髪型がちょっと浮いてました。長髪か、坊主がよかった・・・

もっと服装やバックをじっくり見たかった・・
もう一回落ち着いてみたいです。

2007/02/13 (Tue) 17:32 | ちゅん吉 #qx6UTKxA | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。