スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006読書生活

今年も残るところ2時間ばかりとなりました。
さて、私も人様に倣って読書生活を振り返ってみようかと思います。

で、現在読書記録を読み返しているのですが、全体的に塩野イヤーだったような気がしますね。(汗)
まあ、今年は何と言ってもあの大作シリーズも完結したことですしね。(でも文庫で追いかけているので、あと3年くらいしないと読みきれないはずですが)
塩野七生作品では、
「チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷」「ロードス島攻防記」「レパントの海戦」「イタリア遺聞」「ローマ人への20の質問」、そして「ローマ人の物語」の文庫新刊が24~27、再読が1~9という感じでした。

今年初めて読み始めた作家は、米村圭伍。やはり「退屈姫君」シリーズが一番面白いと思います。現在、「面影小町伝」を読んでいる最中です。
今年読んだのは「退屈姫君」シリーズが3冊、「風流冷飯伝」「おんみつ蜜姫」といったところ。まだ作品自体が多くないのですけどね。

他に、話題作とか映像化された原作などでは、「ダ・ヴィンチ・コード」「博士の愛した数式」「ゲド戦記」「風林火山」あたりでしょうか。映像との乖離が最も激しかったのがどの作品かはあえて申しません。

今年は美術関係の本が一気に増えました。
「西洋美術の主題物語」2冊、「迷宮美術館」2冊、「名画の見方」「西洋美術史WHO'S WHO」「西洋建築様式史」「ラファエル前派」「アンリ・ルソー 楽園の謎」といった解説書の類のほか、フェルメール、カラヴァッジョ、レンブラント、ダ・ヴィンチ、マグリット、岡鹿之助などの画集も増えてしまいました。
あとはそれぞれの展覧会で買い求めた図録も。
ちなみに今年行ったのはプラド展、ミュシャ展、ペルシャ文明展、明日の神話展示、ウィーン美術アカデミー展、ベルギー王立美術館展、エルミタージュ展、ダリ展、エッシャー展といったところでしょうか。観たいものはだいたい観られたので、ほぼ満足。

さて本の話に戻りますが。
近頃は昔よりずいぶんと読むものの傾向が変わってきているなあと感じます。
昔はSFとか、歴史ものなら中国ものを読んでいることが多かったのですが、最近はご無沙汰です。中華では「漆黒泉」「狐弟子」「天竺熱風録」の3冊のみで、これらは昔から読んでいる作家の作品を図書館で借りてきたので・・・あまり自ら求めていないのだなと感じます。
気づけば、SFは何とゼロ。買ったものはありますが、まだ何も手をつけていません。ずいぶん変わったな、と思います。

そんなわけで、西洋史か西洋美術に関するものが増え、見事な西洋かぶれと化した1年でした。(笑)


現在、第九を聴きながらこの文章を書いています。(テレビのほうは見逃したのでCDで)
紅白はまた何も観ていません。もうここ何年も、出ている人がよくわかりません。(汗)
さっきまで、ついにDVDを借りてきてしまったホームズドラマを観ておりました。「最後の事件」と「空き家の冒険」を。ドラマでは「空き家の怪事件」と訳されているようですが、そもそものタイトルは「THE EMPTY HOUSE」なので、単なる「空き家」に過ぎないんですけどね。
吹き替えなしの字幕で初めて観ました! こちらもまた趣があって良いです。もちろん、露口版も大好きなのですが。

何だかいっそうとりとめがなくなってまいりましたが、皆様どうぞよいお年を。
  • Category:

コメント

「退屈姫君」シリーズは、第1巻が「退屈姫君伝」なのですが、ゆるく繋がっているデビュー作「風流冷飯伝」を先に読んでおくと、いっそう楽しめるかと思います。

コンスタンティノープル~から始まる三部作では、ロードスが一番好きです。篭城戦というのがツボなのかもしれません。(苦笑)

SFでは、買ったままのブラッドリーのダーコーヴァシリーズをどうにかしたい今日この頃です。(汗)

2007/01/03 (Wed) 22:46 | 遼 #XggCOD8. | URL | 編集

いまさらですが、「退屈姫君」って題名がヒット。今度さがしてみよう!
私も最近ハードSFは読んでません。去年の前半は、D・ブリンにおはまってましたが。

あ、移動都市はおもしろかったかな?映画的で。

私は、レパントと、ロードス島大好きです。
また読み返そうかな?

2007/01/03 (Wed) 20:17 | ちゅん吉 #qx6UTKxA | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。