スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館回想

あまりにも阿呆な記事が1番上にあるのが切ないので、特に意味もなく記事を投下してみます。

先日、Yahoo!動画で「シャーロック・ホームズの冒険」のドラマを2本ほど視聴しておりました。12月31日まで一部無料配信されているので、この数日間に何本かまた観ておきたいと思います。せめて「マザランの宝石」や「高名な依頼人」くらいは・・・!(すでに有名なものはほとんど有料配信になっている)
ホームズドラマ、NHKで放映されているのを昔に何話か観ていましたが、やはり面白いですね。イメージもぴったりだし。

ちなみにホームズの原作のほうは、中学の頃に読んでいました。もっと小さい頃に子供向けのなどを読んでいる人も多いのだろうと思いますが、幼少期はほとんど本に恵まれていなかったのですよ。
何しろ近所に本屋も図書館もなかったし、学校の図書館は品揃えが悪すぎたし。
中学の図書館も、ろくに本が置いていない上に、休み時間に閉まっているというやる気のなさ。
学校の図書館が充実していたのは高校時代でしたね。読みたい本をリクエストすると買ってくれたので。よく「リクエスト本入りました」の掲示板に名前を貼り出されていました。(笑)

なお、ホームズで一番最初に読んだのは「思い出」でした。よりによって・・・!
だって中学の図書館に1冊しかなかったんだよ! しかも何で「思い出」だけなんだよ!(その後、本屋に行った時に他のも買いましたが)
ちなみにカタカナ表記が妙で、「ホウムズ」と「ウォトスン」と書かれていました。発音を近づけようとしたんでしょうが、イメージは遠ざかるばかりです。誰だよそれ。(全然話は違いますが、確か新潮のルパンシリーズ、タイトルが「強盗紳士」です。強盗は「紳士」じゃねえだろ、と突っ込みたくなります。もっと耳慣れた邦訳でいいんじゃないですか)

しかしそれ以来ほとんど読んでいないので、中身はきれいさっぱり忘れています。最近、少しずつ再読したりもしていますが。
今読むとホント、「懐かしい」という気持ちでいっぱいですね。久々に読んだり観たりして楽しんでいます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。