スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋が来た

というわけで、また観たい展示会が多々出てきました。

9月12日~12月10日
ベルギー王立美術館展(国立西洋美術館)
マグリットはもちろん、ブリューゲルやヨルダーンスも観たいです。

9月16日~11月12日
ウィーン美術アカデミー名品展(損保ジャパン東郷青児美術館)
ノーチェックでした!
クラナハ、ムリーリョ、レンブラントですって。これは行かねば。
あと常設展も観たい。ひまわりより、東郷青児のほうが気になる。

9月23日~1月4日
ダリ回顧展(上野の森美術館)
ダリ自体は大好きというわけでもないのだけど、やはり観てみたいかなと。
むしろミュージアムグッズが気になる。凄く凝ってそう。

10月19日~12月24日
大エルミタージュ美術館展(東京都美術館)
一番観たいのはアンリ・ルソー。一番の目玉はゴーギャンらしいんだけど。

これらすべてが重なる日程に合わせてまた上京したい所存です。(1日で全部回るつもりらしいですよこの人)
さすがは芸術の秋だなーと思うラインナップ。


ちなみに美術語りブログのほうは、探している画像の元がなかなかなくて手詰まりです。別のにしようかな・・・。(汗)

コメント

東郷青児美術館と言いながら、彼の作品は展示してないのですかー!?
何だか物凄く騙された気分。

ルソー展、そう、ラインナップでは見つけたんですよ。(@artscape)
でも1日で回るにはコースがちょっとなあと。まあ、エルミタージュなら他の作品もいろいろあるだろうし。
ベルギー展! ください!! お願いします!! さすが、よその割引券もあるんですねー。前売りを買い忘れていたので、サイトからプリントアウトしようかと思っていたのですよ。

ところで酔う・・・? それはいったい?? かなり謎。行ってからのお楽しみというところでしょうか。(汗)

2006/09/20 (Wed) 23:03 | 遼 #XggCOD8. | URL | 編集

東郷青児美術館は、確か常設はゴッホとセザンヌのみで、東郷青児の作品は展示されていなかった気がします。企画展の規模にもよるけど、スペースに限りがあるから。遼さん行くまでに多分酔うよ・・・・気をつけてね。どこで酔うかはお楽しみ。
ルソーだったら世田谷美術館のルソー展の方が点数多いように思います。10月7日から12月?まで。
ベルギー展はうちの職場に割引券があります。良ければ連絡をおくれ。
それにしても、重厚なラインナップだね。名画のオーラを存分に堪能してきてください。

2006/09/19 (Tue) 09:01 | おと #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。