スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退屈姫君 恋に燃える

退屈姫君 恋に燃える
米村圭伍の「退屈姫君」シリーズ3作目。
「退屈姫君伝」や「退屈姫君 海を渡る」に比べると、ややスケールダウンな気がしないでもないです。というのも、メインが「身分違いの恋で苦しむ若い二人を応援する」という筋立てなので。(「燃える」と言ってますが、実際には他人の色恋に奮起し、くっつけようと燃えているという・・・;)
田沼意次の陰謀を阻止したり、行方不明になった夫探しに乗り込んだりする、大活劇とまでは行かないかな・・・。今回も田沼の陰謀がないわけでもないですが、将棋の駒ではやはり地味な印象は拭いがたい。

とはいえ、相変わらずキャラクターの動きは軽妙で、構成は巧妙で、語り口調は絶妙で、飽きさせることはありません。この人の作品は本当に面白いと思います。
自分は今まで江戸ものをほとんど読んだことがないのですが、米村氏の作品は構えず読めて楽しめます。キャラの「立ち」具合やストーリーの軽快さは、むしろライトノベルに通じるものがあると思うのですが、時代考証や表現力は目を見張るほど。そのくせ、そういった重厚さをいっさい感じさせないのは、いわゆる「粋」というやつなのではないでしょうか。

かなり(珍しく)誉めすぎな気がしないでもないですが(苦笑)、読んで損はないシリーズだと思います。
まだ全作品制覇していないので、おいおい読んでいく予定です。今のところ、他には「おんみつ蜜姫」だけなので。

退屈姫君伝 退屈姫君海を渡る おんみつ蜜姫
  • Category:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。