スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さてここで問題です。


この絵の主題となる事物はどれでしょう?

大きい画像はこちら

正解は、右下のこれ。

この絵のタイトルは「イカロスの墜落」。
ピーテル・ブリューゲルによる、16世紀の初期ネーデルラント絵画の一つです。
イカロスの扱いが小さすぎて気づきません。ウォーリー並みですよ、これでは。あまりにのどかな風景で、ちょっと気づいてやってくれよと言いたくなります。現代画かと思うようなシュールさですよね。

そして実は今年、この作品が日本にやってくるのですよ。
その名も「ベルギー王立美術館展」
http://event.yomiuri.co.jp/royal/
今から楽しみでしょうがありません。

目玉のブリューゲルもですが、何よりマグリットが来るのが嬉しい。しかもあの「光の帝国」が見られるのだそうです!
最近、画集を手に入れてから、身の回りに少しずつマグリットが増えてきております。
例の「ほぼ日手帳」は、これまでナイロンカバーのみだったのですが、このたび初めて「カバーonカバー」を使用することにしました。2006年の手帳には、表側に「美しい世界」、裏側に「光の帝国」を配置。
そしてさらに2005年のカバーも持ってきて、文庫カバーとして使用することにしました。着せたのは「大家族」と「人間の条件」。
あと、携帯の待受にも「ピレネーの城」とか持ってきております。


↑こんな感じで。右が手帳、左が文庫カバー。

しかし展覧会となれば、恐らくいろいろとグッズも販売されていることでしょうね。マグリットのマグカップとかあったら買ってしまいそう。
マグリットの作品は、絵画というより1コマ漫画に近いものがあると思うのです。それが見ていて飽きないのですけどね。

コメント

ベルギー館には行っていないのです~~~。知らなかった・・・残念すぎる・・・!!(泣)
ろくに計画も立てず、行き当たりばったり的に見て回ったのがいかんかったのですね・・・。日本館に並んでいる暇にでも見てくれば良かった・・・。
閉会後も残存している公式サイトの動画で、ちらりと見て参りました。なかなか面白そうですね。
今年の秋は、代わりに本物を観に行ってきます・・・しくしく。

2006/06/25 (Sun) 23:54 | 遼 #XggCOD8. | URL | 編集

「光の帝国」、愛・地球博でも凝った趣向で展示されてましたよ。(昼間から夜になるとか)
ごらんになりました?
ベルギー館はベルギー出身の画家の絵で遊んだ展示だったので(確かポール・デルヴォーとかも)、面白かったです。

2006/06/25 (Sun) 21:26 | あおぼし #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。