スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はるかなるアデーレ・ブロッホバウアー

クリムトの絵が史上最高額で落札されたそうです。
Yahoo! ニュース
156億円て・・・。(汗)
史上最高にまでなるとはちょっと予想外だったのですが、普段から高値で取引されていたのでしょうか。
→今回落札された「アデーレ・ブロッホバウアーの肖像I」
ここなら5千円前後で入手可!


ちなみに自分がクリムト作品で好きなのは「ベートーヴェン・フリーズ」です。
画像および解説はこちら
(初めに見た時に「ベートーヴェン・フリーク」かと思ってしまったような素人が説明するのもおこがましいですし;)
確か年末にNHKあたりで、第九を流しながらこの作品を紹介していたのですよ。あれはやはり実物を観たほうが良いのだろうなと思いました。壁三方に描かれているものなので。


先日パルコに行った時に、ブックセンターの特集コーナーで、世界のタロットを集めて販売しておりました。その一覧カタログの中に、クリムトの絵だけを集めたタロットがあったのですよ。
普段は使わないし、そもそもそんなにクリムト好きというわけでもないのですが、何ともおどろおどろしい感じが結構良いなあと思ったものの、売り切れてしまった模様。でもかなり怖いだろうな、あの絵柄だと。

そういえばブーム便乗商品で「ダ・ヴィンチ・タロット」というシロモノも販売されているようですね。あちこちの本屋でひっそり売られているのを発見しました。しかも占いコーナーなんかに置いてあるから、あまり便乗の意味がないですよ。(汗)
ダ・ヴィンチのスケッチを集めたオリジナル商品(名前も意味も普通のカードとは違っている番号もある)らしいのですが・・・これもちょっと惹かれてしまうあたり、救いようがないと思います。
もう何年もタロットなんてやってないし、そもそも自分自身を占ったことなんて数えるほどもないので、買っても意味がないんですけどね。でもきっと今しか出回ってないだろうしなあ。
とは言っても、あまりにしょうもない買い物はいかんだろうと、別の美術関連本を買って帰ってきたのでありました。しかしカード付属の解説本には、きっちり各スケッチの説明がついているのが心にくいです。普通に欲しくなるじゃないか・・・!



もう一つの気になる美術関連ニュース。
六本木に国内最大級となる国立新美術館、完成
オープンは来年1月ですか! どんな作品が収蔵されるかわかりませんが、とても楽しみです。


あ、蹴球については触れないことにしておきます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。