スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西洋絵画の主題物語

【カラー版】西洋絵画の主題物語 I 聖書編
先日、上京した際に買ってまいりました。紀伊国屋で。
地元のほうの本屋では、やはりこの手の書籍は所蔵量が少なく、なかなか良書にめぐり会えないのです。通販で買おうにも、中身を見ないことには意味がありませんからね・・・。小説とは違いますから。

そしてこの本。なかなか面白いです。「聖書編」「神話編」とあったのですが、ひとまずは聖書編から。でも神話編も気になるので、いずれ手を出してしまうでしょう。
オールカラーで美しく、同一主題の絵画を何点も掲載し、比較しながらわかりやすく解説しております。
西洋美術を見る際、聖書の物語は特に必須なので、こういう本があるとありがたいですね。また、聖書には載っていない物語や伝説にも解説がありますし。本当にオススメです。


また、それに先立ってこんな本も実は密かに買っておりました。
守護聖人
主だった守護聖人を60人近く解説しております。メジャーな聖人に関しては逆にちょっと物足りない気もするのですが(ページ数も少ないし)、あまり馴染みのない聖人に関してはそれなりに知ることができて便利です。
たいていは絵画に描かれる人々なので、象徴するエンブレムも載っていて、参考になると思います。
・・・とはいえ、自分自身は殉教というものを崇める気はまったくありませんが。(汗)
だからこそ「沈黙」は本当に凄い作品だと思うのです。
  • Category:

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。