キングダム

ここのところ、しばらく読み通しで疲れました。
職場の方から貸していただいた「キングダム」、面白くて一気にハマりました。
というか、実はNHKでやっていたアニメは観ていたので、面白いことはわかっていたのですが。しかし放映分の続きからの盛り上がりが異常でして(笑)

函谷関の戦い、凄かったです。合従連衡と言えば秦がもっと強大になってからだと思っていたのですが、始皇帝の加冠前にも合従軍が攻めてきていたんですね。
正直に言うとこの辺りの時代のことをよく知らないので、どこまでが記録にあってどこからがフィクションなのかもわからない状態です(汗)
史記も抜粋でしか読んでいないしなーちゃんと読もうかなーと。
秦というと、始皇帝暗殺未遂事件のあたり(映画にもなったあれ)と死後の「項羽と劉邦」の頃しかほとんど知らないっていうね(汗)

とはいえ、各人物の末路を知ってしまうと楽しみが減るかもなーとも思います。
長期連載物は長くなるにつれ、ダレやすくなるのですが、この作品はずっとテンポよく、キャラもストーリーもブレないのが凄いなと思います。(ベースにしている記録があるとはいえ)
さーて、また続きを読まなくては。現在、33巻まで読んだところです。読み返したいので自分でも買おうかと迷い中……(苦笑)

本気の二度寝

あまりにも日中眠くて、本気で意識が飛んだりするので、これはまずいと改善することにしました。
正直1日10時間ぐらい寝ないと頭がすっきりしないのですが、平日にそんなに練られるわけもないので、編み出したのが二度寝戦法です。

起きる時間は以前と同じですが、これまでは割りと余裕をもってゆったり動いていたのをできるだけ手短にし、その浮いた時間をまず二度寝に充てるようにしました。

だいたい朝15~20分くらいぐっすり二度寝すると、かなり気持ち良いです。日中もだるい、眠いというのはあるけれど、意識が飛ぶレベルまでは行かなくなりました(苦笑)
継続して眠るより、一度起きて二度寝した方が眠りが深い気がするんですよね。

普段眠い方は是非お試しください。

スマート生活

「まだ使えるうちはガラケーで頑張る」と宣言したのも束の間、ガラケーが壊れました。
いやもう、それはあっさり、がっつりと。
朝起きたら携帯が熱くなっていて、フル充電していたのに一晩で電池が7%まで消耗。そして極めつけが、7と8と9とメールボタンが押せない。
クラリネットこわれちゃったかよ! と思わず一人ツッコミ。
これね、もう限界ですよ。一応、タッチパネルもついているモデルだったので、何とか操作はできましたが。

[More...]

ROAD TO TENKA

本能寺の変、中国大返し、山崎の戦い、清洲会議、賤ヶ岳の戦いと、大きい事件が一気に来た感じですね。清洲会議から賤ヶ岳は予想以上に駆け足でびっくりしました。(何しろ会議だけで2時間たっぷりやった映画を観ていたものですから)

しかし、お市と秀吉の絡みがまったくないのがちょっと物足りず。基本的におね一筋っぽく描かれているのも何だかなあと思わずにはいられません。まあ、茶々の登場でだいぶ変わってくるはずですが。

今回驚いたのは村重の再登場。さらに、この先の秀吉の変貌と暗雲を示唆させる演出はなかなかうまいと思いました。山は頂上まで登りつめたら、後は下るだけなんですよね。

あと、本能寺の変直後の足利義昭の書状で、「信長討ち果たす」か「討ち果つる」か解釈の違いを小ネタで盛り込んできていたのも、なかなか心にくい演出でした。この前のヒストリアはこの前振りだったんですね。

利休もいい具合に胡散臭いので、この先もまだまだ楽しめそうです。

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

最近の記事

最近の発言

最近のトラックバック

プロフィール

Author: 遼
 ・管理サイト→ひっそり運営中
 ・美術ブログ→美術語りブログ
 ・携帯サイト→ ケータイ小説配信中
 ・読書メーター

リンク

ブログ内検索


「三侠五義」復刊応援中
紹介・投票はこちらから

素材提供
NOION 空色地図 A Trial Product's 素材置き場
*Free Photos


ASPアクセス解析

  • pagetop
Copyright © 遼