スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美術展レビュー

連休を利用して、渋谷Bunkamuraの「ベルギー幻想美術館」、日本橋タカシマヤの「ウィーン世紀末展」に行ってまいりました。

詳しいレビューはまた後日、美術ブログの方に上げたいと思いますので、ここではざっと。


「ベルギー幻想美術館」
フェリシアン・ロップス、ポール・デルヴォー、ルネ・マグリット。
この辺りがかなり大量にありました。個人的にはかなり嬉しい。

しかし連休のせいなのか、人がかなりまばらで。落ち着いて観られるものの、「あんまり人気ない!?」と、ちょっと心配したり。同じBunkamuraでも、だまし絵展やエッシャー展は相当混んでたんですけどね。わかりやすいからなのかなあ。

ロップスの版画、かなりエロティックで、どきどきものでした。
あと、アンソールの「キリストの生涯」という32枚組のリトグラフがとても面白かったです。クレヨンで描いた落書き風のタッチなんですけどね。中身が戯画的で。
キリストの洗礼なんぞ、まるでバケツで頭からかぶせるような大量の水に、思わず噴きました。何となく「聖☆おにいさん」思い出しましたよ。(ヨハネさーん!)

デルヴォーは、枚数の割りには、今までに観たことあるのよりもいまいちパンチが足りない気がしてしまいました……。もっとシュールな感じのが好きなんですが。
マグリットも全体的には小品かな。ま、この前のだまし絵展で来たばっかですしね。

ただ、一つどうしても許しがたかったのは、図録。
なぜか今回、オリジナルの図録がなかったのですよ!
姫路市立美術館から借りてきているからと、そこの図録が売られていました。薄くって、しかも全作品載ってないし。ロップスもアンソールも載っちゃいねえ。
他に、版画作品の紹介冊子(もっと薄い)が1冊あるだけという……
何でこんなに気合が入っていないんでしょうか。だからこそこんなに人少なだったんでしょうか……
展覧会自体は結構、自分好みだったんですけどねえ。
Read more
スポンサーサイト

真田手毬唄


「真田手毬唄」米村圭伍

そんなわけで、さくっと読み終えてしまいました。もともと米村さんの作品はとても読みやすいので、厚さがあまりなければかなり早いです。
今回の物語は、いつもの架空藩ではなく、メインの舞台は奥州でした。(実はタイトル見た時、上田かな~と思ってたんですが)

真田幸村は生きていて、秀頼を連れて落ち延びた――?
という伝承を元に描かれています。あの手毬唄も、実は幸村が広めさせていたもの……という切り口はなかなか面白かったです。

時間軸は江戸時代ですが、ほとんどが戦国ネタなので、あまりお江戸ものっぽさは感じられません。戦国好きな人はかなり楽しめるのではないかと思います。

脚本:真田幸村
主演:豊臣秀頼
特別出演:片倉小十郎
友情出演:猿飛佐助

こんな感じです。中でも、小十郎の存在感が際立っていました。
しかし具体的なビジュアルイメージが固まっていないため、どうしてもBASARAキャラが浮かんできて困ったものでした。(苦笑)

……そういえばNHKの番組では、幸村を紹介するにあたって、なぜかBASARAのゲームムービーが使われていましたよ。いいんだろうか……


ちなみにこの作品、元のタイトルは「影法師夢幻」というものでした。図書館で一度借りたことのある単行本はこっち。(読めずに結局返した)
しかし、このごついタイトルよりも、文庫版のほうがはるかに良いと思います。中身も何となくうかがい知れるし。

米村作品は、「おんみつ蜜姫」も元は「藍花は凛と咲く」だったし、「面影小町伝」も「錦絵双花伝」でしたしね。割と改題が多い気がします。
が、文庫版の題のほうがおおむねしっくりきます。単行本の題だとどうも硬い感じがして。
  • Category:

ブックリスト

通勤中、しばらくはPSPに録画番組を転送して観ていたのですが、微妙に周囲の視線が痛い気がしたので、普通に読書に切り替えました。
さすがにアニメは観てませんでしたけど(それは痛すぎる)、大河ドラマとか歴史番組とかだったりすると、巷で流行りの戦国武将萌えと誤解されかねないと。(決してそういうわけではない)

まあ、そんなわけで久々の電車内読書です。何年ぶりだろうか。
乗り換えとかもあるので、実質的には30~40分くらいしか読めないのですが、それでも毎日となると積読本がだいぶ消化されていきそうな気配がします。


「ローマ人の物語34 迷走する帝国(下)」塩野七生

放置からいったい何ヶ月だろうか……
上・中はだいぶ前に読んでいたのですが、下巻だけなぜかそのままに。
今年の文庫版新刊、35~37が出たので早く読まないと!ってことで、ようやく読み終えました。薄いのもありがたい。
ローマ・システムの破綻が止みません。病魔は巨体の全身を蝕み、ただかろうじて生き延びているに過ぎないという状況がはっきりと見て取れます。
最後の、キリスト教徒とローマ人との対比も、続刊への布石として、短いながらも読み応えがありました。
Read more
  • Category:

天地人 33~36回

またしても間が空いてしまいました。
ので、またもやまとめレビューでさくっと行きます。


33回「五人の兼続」

おまえは武田信玄か!?
と言いたくなるようなサブタイですが、実際には影武者ではなく、兼続のような補佐役(大老)を五人置くぜって話でした。
それにしても兼続はいつからこんなに三成と仲良しになったんでしょうか……
てか、物凄く典型的なツンデレですよね三成。
Read more
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。