スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天地人 11・12話

かなり間が空いてしまいました。
というのも、リアで引っ越しをしておりまして、バタバタしてブログどころではなかったからなんですが。(汗)
というわけで、このたび信濃国から武蔵国(神奈川)に東下り致しました。

さて、そんな中でも天地人はきっちり観ております。ま、ワンセグ録画ですけどね。(汗)
というわけで、2回分まとめて短めにレビュします。
Read more
スポンサーサイト

美術ブログ更新(3/11)

美術ブログを更新しました。
今回は、レオナルド・ダ・ヴィンチの「白貂を抱く婦人の肖像」(チェチリア・ガッレラーニの肖像)です。レオナルドの作品で、かなり好きなものの1つです。

こちらからどうぞご覧ください。

天地人 第10話

はいはい、天地人ですよ。
今回のテーマは「イケメン」。
あ、そこ、引かないで! マジで、NHKが初っ端から「イケメン」と出してきたんですから。そしてなぜか武将好き女子たちの映像・・・
あれ、クローズアップ現代の時間でしたっけ?

そんなわけで、今回は「イケメン、キレる」でした。
樋口親子がつついてつついてつつきまくった結果、イケメンがマジギレしました。
上杉兄弟(何かタッチみたいな呼び方だな)で仲直りに一席設けたりすりゃ良かったのかもしれませんがね・・・まあ仕方ないのか。どうしても御舘に持っていかないといけないので、こんなところで仲良し兄弟イベントを発生させている場合ではないのです。
今年の大河はスパンも短めなので、とっとと関ヶ原まで持っていかねばならんですからね。

それにしても、樋口父。「わしが説き伏せる」とか言ったのに、ちっとも説き伏せた映像が出てこないのは何。仕様?
ま、あの風貌からして切れ者とはとても信じられないので、結局は「刃物の勝ち」というだけなんじゃないでしょうか。って、脅迫じゃん。かっつんも、もうどうしようもなかったんじゃないかと・・・。
そして樋口兄弟のダメダメっぷり。これはデフォですか。
だというのに、弟に向かって「私から一歩も離れるな」とか言ってるんですが、おまえのそばが一番危ないだろと、上田衆が心で叫んだと思います。

そして・・・
キターーーーーー!!
例の眼帯!!!
ここで来た。来たのに・・・
・・・は?

何その芸人の罰ゲームみたいなおしおきは。

とりあえず、川に落ちただけなので、奴はまた生きて戻ってくると思います。
しかし、「忍のくせに鳴り物(鈴)を持ち歩く初音」以上に謎な、「なぜか木枯らしとともに現れる眼帯」。もしかして凄まじい鼻息なのか!?

一つ一つの演出に突っ込んでしまうところが、かえってNHKの術中にはまっている気がしてなりません。

あ、あと今回とうとう兼続、泣きませんでしたね!
お赤飯を炊いてあげてください。
Read more

夢は空を越えて

録画しておいた天地人観ようかと思っていたら、NHKスペシャルで宇宙飛行士選抜試験の裏側をやっていたので、ついガン見してしまいました。
途中から録画もしてしまいました。面白すぎるだろコレww
宇宙という言葉に一度でも浪漫を感じたことのある人は、ホントに必見だと思います。

細かな試験の様子もさることながら、試験終了後のパーティーで、妻子持ちの受験者がチャレンジャー号乗組員の遺族にそっと話を聞きに行くところで思わずグッと来てしまいましたよ・・・
結局、その方は落選してしまったのですが・・・

ニュースでは当然、候補になった2名しか報道されなかったわけですが、その裏でこんな戦いがあったのですね。それも、協調性を最も重要視される宇宙飛行士試験らしく、他者を蹴落とすための戦いではなく、ひたすら自己との戦い・・・。

ちなみに、あの中で自分が唯一マトモにできそうな試験は、折り鶴くらいだと思いますv
1cm四方の紙でも折れるぜ!(激しくどうでもいい)

2人の候補者が宇宙に出られるのは、早くて4年後とのことです。
その時、自分はどうしているだろう。
元の世界に戻り、新たな道を歩み出した8人のように、自分もまた確かな地歩を固めていたいと強く思いました。


あ、天地人のレビューはまた改めて。

お題再び

再び、お題挑戦です。
今度は「写真」。ではどうぞ。
Read more

祭りの後

某所にて、お題SS書きました。
お題は「赤、白、緑」。雛祭りに合わせて、菱餅の色でした。
時期から遅れましたが(汗)、お題を知ったのが今日だったので……
ではどうぞ。
Read more

天地人 第9話

昨日はBS再放送も半分ほど観られなかったので、結局ワンセグのちまい画面で補完しました。
ついに毘沙門天、不帰路へ・・・!
て!!
阿部ちゃんが坊主頭でウワゴト言って死ぬ姿は見たくなかったというのが本音なんですけれども。
「義経」の時みたいに、派手に散った知盛のような最期だったら良かったんだけどなー。ま、謙信は病没だからしょうがないんだけど。だけど!

で、いよいよ上杉の家臣たちに亀裂が入りました。
それにしても・・・兼続蟄居の原因になった、虎の家臣が見当たらないんですが・・・
この後、ちゃんと出てくるんですよね?
眼帯まで付けるキャラ作りをわざわざやってるんだから、出番があれだけってこともないと思うのですが。御舘で兼続とまた絡む予感がします。
Read more
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。