スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三行小説2

某所の三行小説、再挑戦しました。
リベンジ・・・なるか?

Read more
スポンサーサイト

三行小説

某所で、三行小説というお題があったので、こそりと参加してみました。

・・・三行でオチをつけるのは難しい!
起承転結をつけるなら、最低でも四行ないとな~などと思いつつ。

では以下、どうぞ。
Read more

書庫更新(2/25)

久々に書庫を更新しました。
今年に入って初となります。
今回は長編で、中華ファンタジーとなっております。
よろしければ、こちらからどうぞ。

かつて、新設するライトノベルの文庫用に提出していたネタで、結局その話は立ち消えになってしまったのですが。(苦笑)
ライトノベルには向いていないことを実感させられた次第です・・・;;

また、メルマガも発行済みです。

天地人 第8話(立ち直り編)

20時の本放送に間に合わなかったので、22時のBS再放送で観ました。
が、ながら作業だったので、ところどころ観られておりません……
しかもワンセグ予約録画、電池切れで途中までしか録れてないし(汗)
それでもとりあえず雑感をば。

えー、今回は「プロジェクトLOVE ~引きこもりからの更生~」といったところでした。まずは田舎から出てくるところからスタートです。
「私も連れて行ってください!」
与七がパーティーに加わりました。しかし、初期レベルは相当低いです。
なぜかと言うと、某さんが気にしていた問題のシーン。

”樋口兄弟は、なぜ馬に二人乗りなのか?”

ここに答えの鍵があります。
というか、実は二人乗りでもないんです。
二人がゆさゆさ揺られて、パカパカ効果音が鳴っているだけで、一度も馬は映っていません。要するに、本物の馬は使われていないのです。
よく考えれば、不自然なシーンです。二人が馬に乗れば済むのに・・・。
原因は、次のように考えられます。

・経費削減
・馬を借りてくる手はずがつかなかった
・馬に乗れない

NHKは現在、他局に比べて絶好調。さらに、大河ドラマで馬を借りるなんて今に始まったことでもありません。
となると、考えられるのは3番目・・・。
兼続はすでにお船と乗馬シーンを披露しているので、問題は与七のほうではないかと・・・。
二人で馬を並べて乗るのに、練習する時間がなかったんじゃないでしょうかね。いずれ必要になるとは思いますが。(汗)
Read more

FELL OUT

やってしまいました。

買ったばかりの携帯を・・・
コンクリの上に・・・

あああああああ・・・・(T◇T)ノノ

そんなわけで、外側の液晶にキズが入ってしまいました。
いや、まだ浅いけど!!

車の下だったんですが、踏み潰さなかっただけマシですね。ま、補償サービス付けてますが。(無料で交換はしてもらえる。ただ、データは吹っ飛んでるだろう)

前の職場では、買って1週間かそこらで、自分の車で踏み潰してしまった人がいました。仕方なく、上司からもらった古いボロボロの白ロムにSIM入れ替えて使ってましたが・・・
それでいて、新品の代金を分割で払い続けているという悲劇。

携帯は大事に扱わないといけませんね。ただでさえ高級品。しかも個人情報やらデータやら電子マネーが入っている。なくなっても壊れても、ホント一大事ですよね。

ちなみに自分にとって現在、重要な機能は、おさいふケータイとワンセグ機能。
アドレス帳やブックマークは古い機種にデータをコピーしてあるからOK。
おさいふケータイ、最初は抵抗あったけど、今ではなくてはならない状態になってます;;
入っているのは、Edy、nanaco、Suica、IDの4種。
ワンセグ、録画は別機種ですが、現機種は再生機能が優れている(早送り、早戻し、再生位置選択等)ので、microSD差し替えでほぼ再生オンリーで使用しています。移動中も便利。

天地人 第7話(引きこもり編)

前回の不始末により、里帰りを命じられた兼続。
まあ、それは仕方ないんですが。仕方ないんですけれども。

「上田庄に引きこもれ」と言われたからって、マジでヒッキーになってどうする!!

何つーか、石を積んでる暇があったら、武術の鍛錬とか、薬草を摘んで母に届けるとか、他にすることがあるんじゃ……(汗)
積み上げた石たちに囲まれている姿は、かなり異様でした。このまま大地震が起きて石の下敷きになるバッドエンディングが一瞬よぎりました。

しかし地震は起きず、何とか生還したヒッキー兼続。
・・・が、ヒッキー卒業のきっかけが母の危篤って・・・何か現代の病んでる青少年にも相通じるような気がします。
そして、危篤には間に合ったものの、何もかもが遅すぎた兄に向かって、与七が責め立てます。
「なぜにもっと早くに戻ってこなかったのじゃ!」
うん、みんなそう思ってるんだよ。だけど今さら言ってもしょうがないんだよ。ていうか、君が引きずってでも連れてくりゃよかったんだよ。
そういえば君の父親も今さらな発言して反発食らってたよね、給付金の件で。

その後、弔問にやってきたお船(人妻)を送り届けることになった兼続。
途中で足を止めて、どうしたと訊かれたらば。
「蛍がいたのでございます」
どうしたんだ、オマエ!
いよいよ幻覚が見えたのか!!

すると、今度は紅葉の中に現れたのは、何と母上。
いよいよスピリチュアル開始か!!
イケメンオーラを凌駕して、次はオーラの泉かよ!!

今回のタイトル「母の願い」は、母の遺言ではなく、霊界からのメッセージでした。

そして、綺麗な紅葉だと声をかけてきたお船に、今届いたばかりの霊界通信を語り始める兼続。番組が違います。

とりあえず今回はお船の父、兼続の母と次々に死に、来週のタイトルは「謙信の遺言」だそうです。何やら人死にが多いですね、戦以外で。てか、合戦シーンほとんどないし・・・!

しかし今回、「私はもう泣きませぬ」と、涙君サヨナラ発言をしていたので、ホントに泣かなくなってしまうと、これはこれでちょっと寂しいです。
Read more

相性最凶

最近、すっかりワンセグ録画が定着してしまいました。
ラクでいい・・・!
とはいえ、持ち歩く普段使いの携帯は、電波の感度が左右されやすいので、家に置きっぱなしのワンセグ専用携帯(昔の機種)で録画しています。

その機種は、P903iTV。古いけれど、感度良好。今使っている、P-01Aよりも具合が良いです。
そして、何とそのP903iTV付属のCD-ROMに、ワンセグ番組をPCで管理できるソフトが入っていたのですよ。これを使わない手はない!
ということで、早速インストールしようとしたら・・・

まず、VistaではCDが読み込めない。(はじき出される)

仕方ねえと、XPでインストールしたら、今度はエラーで開けない。

くそッと、セットアップファイルを外付けHDに入れて、Vistaに落とそうとすると、またエラー。


・・・どうすりゃいいんじゃーーーーっ!!!

もう、ウチのXPが死にかけていることはわかっています。
だけど! だからこそ!!


Vistaムカつく!
Vistaムカつく!!
Vistaムカつく!!!

以上!!!!
Read more

8周年

すっかり忘れていましたが、2月7日で当サイトは8周年を迎えました。
何気なく何となくダラダラと続けて、もうこんなに月日が流れていたのですね。
しょうもない零細サイトですが、お付き合いいただきましてありがとうございます。
今のところ特にやめる予定もないので、まだダラダラと続くことでしょう・・・。

それにしても、サイトの整理をしないとなあ。
写真ページとか、物凄く放置されているので、あれも下げるか何とかしなければ、と思っています。
今はブログの更新がラクなので、こっちが中心になってしまっているのですよね。だから玄関からではなく、ブログにダイレクトにご訪問いただいている方のほうが多いだろうと思います。(苦笑)

美術ブログの更新も間遠になってしまってしまっていますが、とりあえず閉鎖する予定はありません。こちらもズルズルと続きそうです。

それでは運営9年目になる当サイトを、今後もどうぞよろしくお願いいたします。
  • Category: Web

天地人 第6話

第6話「いざ、初陣」

いや~、予想以上に痛すぎる初陣でしたね。(苦笑)

問題
この回だけで、兼続は何度「腰抜け」と言われたでしょう?


・・・録画してあるので、思わず数えたくなりました。
とにかくブッキーの情けない顔を45分間見続ける結果となりましたね。
ブッキー、意外とダメ顔似合うなあ。(失礼)

ようやく合戦で、いよいよ殺陣が見られるぜ!と、ちょっと期待していたのに、ひーひーわめきながら刀をぶんぶん振り回す姿を見ることになろうとは・・・(泣)
あとは、かっつんの名前をつけた犬をいじめる虎の部下に斬りつけるシーンだけかよ・・・情けねえ。

それにしても、イケメンの部下たちはあからさまに陰湿です。イケメン自体は憎いくらいにサワヤカなのに、なぜ部下はああもひねくれてしまうんでしょうか。
無骨な感じのかっつんの方が、実は癒し系ということなんでしょうか。


やたらデカい上田教授いや謙信は、いよいよ毘沙門天通り越して、仙人になってしまったようです。霞を食って生きているんじゃないだろうか・・・言ってることが謎すぎるよ。
直江の爺様は病気で里帰り。お船の嫁入りも決まっちゃったみたいなんですけど・・・どうやってひっくり返すんだろ、この後。祝言前に相手が死ぬの? どうなん? その辺の史実をよく知らないので、謎です。

今週はみんなから「腰抜け」、かっつんから「たわけ」と言われ、来週はお船からどう罵られるのか。また、再登場した女忍・初音にどう遊ばれるのか。
彼の間抜けっぷり、いじめられっぷりを視聴するドラマになりつつあります。
強くなれ、兼続・・・!!(涙)
Read more

レゴで作った世界遺産展

先日、松本へ行った時に、パルコでやっていたので見て来ました。
「レゴ」で作った世界遺産展。

よくまあ、こんなものを作ったなあと感心しきりでした。
これらのミニ版、売り出したら大人が喜ぶんじゃなかろうか・・・。



アンコール・ワット
凄い、本格的・・・!!



タージ・マハル
照明の関係で黄色っぽくなってますが、もちろんブロックは白。



モアイ像
モ、モアイ・・・!!!
年月の経った石を表現しようとしているのでしょうけど、レゴブロックではかなり至難の業。(汗)


画像が多いので、以下続きます。
Read more

美術ブログ更新(2/4)

美術ブログを更新しました。
またも日が空いてしまってスミマセン・・・。
今回はフェルメールの「レースを編む女」です。
展覧会を充分意識しております。(笑)

こちらからどうぞ。

ヴォイス

普段、ろくにドラマを観ない人間なのですが、今回のクールでは「天地人」に加え、「ヴォイス」を観ています。今んとこ全話。

法医学をテーマにする以上、どうしても避けて通れないわけなんですが・・・それにしても、やはり観終えて感じるのは、やるせなさと救われなさ。
毎度毎度、実はいい人だったんだけどでももう遅いよね的なオチで終わってしまうので、観続けるのは正直しんどいところがあります。連ドラだからねえ。

そして今回は、亮介の高校時代の友人が遺体として運ばれてくるという、これまたドラマ的な展開。ま、毎度見知らぬ他人ばかりではメリハリがないでしょうから、これはこれでいいんですが。

しかし、これまた法医学モノの避けては通れない道。何か突飛なネタを先に見つけて、後からストーリーを肉づけしていったんだろうなーというのがわかってしまいます。

今回は特に、死者の行動の理由がイマイチ納得できない。
エビアレルギーによるアナフィラキシーというネタが先にあって、そこからストーリーをつけたからなんでしょう。でもストーリーから追っていくと、そこであえてエビ入りピザを食べる理由がよくわからないままでした。
それがプライドを守ることになるのか??
なぜそうなる?
もうそこまで来たら、友達を守るために大麻の売人を殺してしまって(もしくは殺したと思い込んで)、自殺するために食べたとでもしたほうが納得いくんですが・・・。亮介の親友だからそういうヨゴレ役にしたくなかったってことなんでしょうかね。

携帯電話をジュースに投げ入れるのはまだ理解できたんですけどね。
親父も納得して泣いてる場合じゃないだろう!

メインキャストのプライベートに関わる大事な話なのだから、もうちょっとその辺もしっかり考えて構成してほしかったなーと思いました。


あと、このイケメンぞろいのくせに、ヴァレンタインでチョコがもらえないの何のと騒ぐのが、リアリティゼロでした。

天地人 第5話

第5話もまたワンセグで録画予約しておいたのですが、帰ってきたら失敗していました。(汗)
ワンセグ専用ケータイはFOMAカード抜いてあるので、時々ワンセグ圏外と認識してしまうんですよねえ。
なので、BS2の再放送を観ておりました。それには間に合ったので。

今回のスペシャルゲストは信長だったんですが・・・
思ったより出番なくね?(汗)
あと、やたら大げさすぎる秀吉がちょっとウザい。
初音が何やら黒キャラっぽい気がするので、今後の活躍を期待します。

その分、今回はお船の出番がほとんどなかったのが残念。
ていうか、またヘタレてるしこの子(兼続)はーっ!
そして、また泣いてるしこの子はーっ!!
来週の予告でもまた泣いてたし。(役立たずらしい)
もうアレだね、ブッキーの泣きが今回のお約束なんだね。
こうなったら愛の武士じゃなくて、哀戦士にしてしまえばいいよ。


本日のイケメン
哀の人が出張につき、出番少ない。
しかし、親子3人の席でちゃっかり謙信パパの隣をキープしているあたりが、やはり堂々イケメンらしい。
かっつんはなぜ隅っこなんだ・・・。(涙)

20世紀少年 もう一つの第一章



ワンセグで録画しておいて、電車移動中にイヤホンで視聴していました。
なんて便利な世の中になったんでしょうねえ。
なお、2GBのmicroSD、399円で購入しました。大丈夫なんでしょうか・・・ま、どうせバルク品なんですけど。

実は原作は1度も読んだことがありません。
映画公開時に初めてあらすじ知った人です。
でも、とりあえず面白かったかな。
まだ謎がたくさん残った状態なので、今後の展開を見てからでなければ何とも言えませんが、とりあえず続きが見たいと思える出来でした。

というか、現段階ではどこが「映像化は不可能と言われていた」のか、まだわかりません・・・。
ただ、どうせなら21世紀になってから何年も経つ前に映画化すれば良かったのにな、と思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。