スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマ人の物語 終わりの始まり


塩野七生「ローマ人の物語29,30,31 終わりの始まり」

さあ、いよいよやって参りました。帝国衰亡の始まりです。
29巻だけ9月中に読んでいたのですが、30,31はつい先日ようやく読み終えました。(汗)

すでに帝国の衰微を感じ取っていた哲人皇帝マルクス・アウレリウスの苦悩の物語・・・かと思うと全然違います。
というか、この人および前帝アントニヌス・ピウスに定刻瓦解の端緒の原因を求められるのではないか、という話でした。全体的に。

思い返せばカエサル、アウグストゥス、ティベリウス・・・と、帝国初期の人々は見事なくらい「見えている」人ばかりが次々現れたのですね。視野が広いだけでなく、深いとでも言うような。
しかし、五賢帝と呼ばれる人のうち、後半の2人がここまで「見えていない」となると、帝国が変質してゆくのを助長させたのではないかなとも思ってしまいました。

何しろアントニヌス・ピウスもマルクス・アウレリウスも、これだけ広い帝国を治めるというのにローマ外での勤務経験皆無だというのだから笑えます。それでどうやって国境問題とか対処できるのさ。(汗)

それでもマルクス・アウレリウスは勤勉で、沈思する姿勢だけは誰にも負けなかったわけで、何とか帝国を機能させていられたのもそのお蔭だったのだろうと思います。
でもそのままの状態で、若くて経験も思慮も浅いコモドゥスに引き継いだってどうにもならないでしょうに。(汗)
すでに後継の時点で結末は見えていたようなものです。

そしてマルクス・アウレリウス→コモドゥスの交代といえば、そう、まさに「グラディエーター」の舞台。
そんなわけで、この本でも映画「グラディエーター」との違いをいろいろと説明してくれて、なかなか楽しめました。(とはいえ、スコット監督作品に史実とか求めても仕方ない気はしますが・・・歴史好きでローマ好きですが、スコット作品好きでもあるので;)

なお、今年から文庫版の刊行は年に1回になったそうです。
2011年まで待てと!?
ま、待ちきれるかーっ!!


それはともかく、塩野さん、文化功労者選出おめでとうございます。
スポンサーサイト
  • Category:

美術ブログ更新(10/26)

美術ブログを更新しました。
今回はアンリ・ルソーの「女蛇使い」です。
こちらからどうぞ。


実を言うと、最初はキスリングを載せようと思っていたのです。
モンパルナスのキキとか。
しかし、改めて文献とか読み返していて、何だか切なくなりすぎて、やめることにしました。自分のしょうもないブログで載せるにはあまりに痛すぎるよ。また、キキ抜きにはキスリングは語れないし。

そんなわけで、前回(ってもずいぶん間があいてしまいましたが;)にも少し触れたルソーにした次第です。

スーパーリアルRPG

某ヘタリーサイトで紹介されていたので、ついうっかり踏み込んでしまいました。
スーパーリアルRPG

「ゲームの世界と現実はどのように違うか」を極限まで研究したページ
ということなのですが、何というか、凄いです。
原案担当と漫画担当に分かれているのですが、その原案者は精神科医。(しかも同郷出身らしいことが判明。オタリーマンもそういや信州人だったよなあ)
精神科医のかなりコワれた解説が笑えます。
というか、ぶっちゃけ精神科と関係ないだろ。巨乳に対する執念とか。

個人的には、錬金術師・明子のハジけっぷりが素敵でした。
主人公の印象がいっそう薄まってるけど。

ちなみにここでは、
錬金術師=パチプロ
等価交換=1玉1円
  • Category: Web

戦利品と収集品


先日のことですが、実は再び懸賞に当たっていたりしました。
こういうところでプチ運を使わずに、大きいのが当たってほしいなとは思っているのですがね。
今回はネックレスでした。まあ高いものではありませんが。

今月の戦利品。ネックレスとシルクのストール。2つ合わせても1万円にはなりません。(苦笑)
Read more

ブックレビュー

久々のブックレビューです。
近頃、あんまり本が読めていないのですが・・・。


「美の壺 表具」
表具とは、掛け軸の絵や書を貼る裂(きれ)のこと。
日本美術に疎い自分は、表具についてもほとんど無知で、この本で初めて知ることばかりでした。
読めば読むほど、なかなか味わい深いものなのですねー。
一番最近では、北斎館に行った時に目にしているはずなのですが、ほとんど覚えていません(汗)。それで図録を引っ張り出してきて確認しようとしたのですが、絵の部分しか写真に載ってやしねえ。ううむ、残念。
また掛け軸を観る機会があったら、今度からは表具にも目を向けたいと思います。
ちなみに前の家は、床の間に掛け軸飾ったりしてたんだよなあ・・・。あの頃はそんなところに目を向けることもなかったなあ。もったいない。



宇江佐真理「卵のふわふわ 八丁堀喰い物草子・江戸前でもなし」
これは昨晩読んだばかりです。
最近の読みかけ本といえば、ローマ人の物語とか、ちと硬めなものばかりなので、あまり頭を使わずに気楽に読めそうな本はないかなーと探していたところ、積読山の中から発見されたのでした。確か7月ごろ購入。まだまだ山の上の方ですが。
しかし、気楽に読むどころではありませんでしたよ!
いやもう、ホントに泣けました。ボロボロです。
不器用な夫婦の心のすれ違いと、義父母の温かさの対比がうまく描かれていて、大変感情移入しやすいです。時代物ではあるけれど、物語自体は今の時代にも充分当てはまりそう。
何というか、今さらながらに自分が家族ものに弱いんだなーということが改めてわかりました(苦笑)。これまで泣けた本や映画はみな家族ものだったよそういえば。
さらに欲張りなことを言うと。
・せっかく八丁堀が舞台で同心親子が出てくるなら、もうちょっと推理仕立てでも良かったかも。
・最後の「事件」は、元鞘に戻るきっかけとしては外せないのだろうけど、ちょっと強引な気も。というか、本当にそれで終わりなんですかーと。(汗)
などと連ねてはみたものの、全体的に本当に巧いです。あまり時代物という意識もなく読めますので、多くの人に薦めたい一冊。
というか、某Aさんのところのレビューで気になって手にとったのですよね、本当は。いやあ、大当たりでした。どうもありがとうございます!



畠中恵「つくもがみ貸します」
出たばかりの新刊を早速買って読んでみたのでした。かなり具合悪い時期だったのに、根性で。(汗)
しかし・・・やはり、しゃばけシリーズ読者としては物足りなさが残ってしまうのが、いかんともしがたいです。
損料屋の姉弟と、「商売道具」である付喪神たちとは、直接会話はなされません。それが「しゃばけ」とは大いに違う点ですね。あれはもう、妖ホームドラマですから。
というか、若だんなが普通とは違うということを際立たせるためには、普通の姉弟が妖と簡単に打ち解けてはマズイということなのでしょう。
ただし、それだけに「じゃあ何で付喪神が出てくる必要があるのか」という問題が出てきてしまいます。
実を言うと、このタイトルと作者に惑わされずによーく物語の筋だけを抽出すれば、妖がなくても成り立ってしまうんですよね、この話。清次、お紅、佐太郎の三人の関係だけを追っていくなら。
いかにもK川書店が「ウチからも妖モノを書いてください」と頼んだらしく、妖の必然性と人間たちの物語とがうまく噛み合っていないような印象を受けました。
こんなことなら、最初から妖を排除した「まんまこと」のほうがよほど成功していると思います。
清次とお紅の間に立ちふさがる佐太郎もいまいち魅力不足で、いろいろと中途半端に感じてしまいました。続編を書くならやはり「まんまこと」の方が良いでしょうね。
というか、「しゃばけ」が別格ゆえに、あれと同程度のレベルのものを求めてしまうのがいけないのかもしれませんが・・・。
  • Category:

半死

実はずっと調子が悪かったのです心身ともに。
単にストレスおよび風邪っ引きだろうと思っていたのですが・・・

先週末から体調が悪化し、土曜は予定があって日曜に自宅で療養していたのですが、なかなか回復しないので月曜に病院へ行きました。
「単なる風邪ですね」と、薬を処方してもらいましたが、この時点で4日くらい熱が下がらない状態だったのです。それで抗生物質も投与。
何とか良くなったかなーと思っていたのも束の間、また熱が上がってきて、昨晩はついに激痛と悪寒に見舞われました。居ても立ってもいられない。
何しろ真夜中ですからねー。謎の激痛で救急車に運ばれた時と、市販の鎮痛剤の副作用で目が回った時の次くらいに恐ろしかったです。どちらも夜中なんだな。

そんなわけで本日、朝一番で別の病院に行きました。ただの風邪なわきゃーない。
で、血液とかいろいろ検査してもらいましたよ。
最新機器とか大好きな先生なので、いつの間にか血液検査が5分でできるマシンが導入されていました。昔は一週間とかかかってたぞ?
しかし診療までの待ち時間がよろしくありません。朝イチのはずが、すでに30人待ちでしたから・・・;;
結局、診療まで2時間待ち、その後会計まで40分待ちという感じでした。さらに投薬してくれないところなので、処方箋を薬局に持っていかねばならず。午前まるまるつぶしてしまって、午後から出勤するはめになりました・・・よ。

とりあえず風邪ではなかったのですが(汗)、一応ひどいものでもなくて、しばらく別の抗生物質投与で何とかなりそうです。
軽いと言われた割には症状は重かったような気はするんですけどね・・・;;
(痛みに弱い体質なのかもしれませんが)
また来週、検査に行きます。うーむ、ろくでもないなあホント。
とはいえ、薬を飲み始めたらだいぶ症状は軽減されましたけどね。悪寒もなくなったし。(熱は何かまだあるけど)


そんなこんなでだるい間に、なぜか「つくもがみ貸します」を根性で読み終えました。言いたいことはあるけど、また日を改めまする。

本好きさんバトン

下の記事を削除しました。
とりあえず、現状維持で。
ひとまず回ってきたバトンに答えます。


*本好きさんバトン*

●Q.初めて読んだシリーズものは?
A.うーん、意識して読んだシリーズというと、「なんて素敵にジャパネスク」とかかな?

●Q.授業で扱って一番印象に残っている作品は何ですか?
(模試や試験で見たものも可)
A.史記。

●Q.その理由をどうぞ
A.中国史好きになったきっかけですので。

●Q.この季節にはこの作品!というものを教えて下さい。
A.とりあえず思いついたものを並べてみます。
春:「桃花源奇譚」井上祐美子
夏:「姑獲鳥の夏」京極夏彦
秋:「ローマ帝国衰亡史」ギボン
冬:「薔薇の名前」エーコ
・・・実はギボン、まだ読めていません~。読みたいという気持ちをこめて。
これからローマが傾いてゆくという、時代の秋を表した作品だと思うので。

●Q.声に出して読みたい名文をおひとつ。
A.
「人が現実に生きているのと、人間いかに生きるべきかというのとは、はなはだかけ離れている」(『君主論』第15章)

●Q.贈った本、または贈られた本は?
A. あんまり記憶がありませんねえ。

一番古い、読書の記憶。
●Q.どこで読んだ?
A.そら、家ですな。

●Q.何の本だった?
A.アンデルセンの童話はよく覚えています。
なぜか「白鳥の王子」がお気に入りでした。
11人の兄たちを救うために頑張る妹姫の健気さが好きだったのでしょう。

●Q.初めてこんな言葉知った!こんな事知った! 読書で得た知識をどうぞ。
A.ミステリとか時代物とかSFとか、現実世界からかけ離れたものを多く読んでいるので、そんなのばっかりですね。

●Q.あなたの好きな一冊。漢字一文字であらわすなら?
(タイトルも一緒に)
A.一冊は選べません。ゆえに共通文字で。
「謎」
ミステリに限らず、謎解き的な要素があるものを大変好みます。

●Q.最短!○時間(単位は自由)で読了!
A.30分くらいかな。
かつて読んでたライトノベル的なもの。

●Q.最長!○時間(単位は自由)で読了!
A.夜が更けていってもまったく読み終わらず、物凄い疲労感に見舞われた作品といえば、小野不由美「屍鬼」です。ラストもアレで、何一つ救われた気がしなかった・・・。

●Q.一ヶ月平均何冊くらい読みますか?
A.最近は少ないです。5~6作読めればいい方。
時折10冊以上、がっと読む時もありますが。

●Q.文庫本の背表紙の色が好きな作家。
A.あんまり意識したことはありませんが、白だと見栄えはいいですね。
ただ、日焼けしやすいんですが。

●Q.今一番の本にまつわる心配事
(無い人はいろは歌を全部書いて下さい)
A. 買う量>読む量
この不等式が一向に変わらないこと。

自分が今執筆するなら
●Q.タイトルは?
A.長編で「葬送のフーガ」、短編で「銀色のダナエ」というのを書いてます・・・。タイトルにヒネリがありませんね。(汗)

●Q.ジャンルは?
A.長編は微妙にSF、短編は現代ものです。

●Q.同じ部屋に他の人が居ても読書に集中できる?
A.ただいるだけなら気になりませんが。電車でも読むし。

●Q.ベタな質問ですが、無人島に持って行きたい一冊は?
A.分厚い美術事典「西洋美術館」を。
ストーリーのあるものは飽きそうだし。

●Q.このバトンを本好きそうな誰かに渡して下さい。
読書好きで気になる方はチャレンジしてください。是非。
  • Category: Web

今月も来た

7月はデジカメ、8月は日傘が当たり、順調だったものの9月は当たりなし。
しかし10月は再び来ました。今度はシルクのストールです。
せっかくなので、連休のお出かけに早速使おうと思います。

たとえ高額商品でなくても、当たりが続くとなかなか面白いですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。