スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よしなしごと


何かいろいろ書き留めたいことが増えたので、つらつらと。つれづれと。

◎世界陸上
走り高跳びに桜木花道が・・・ッ!!
バスケから転向1年半。バスケのウェアに、バッシュ。んでもって、シロウトくさいフォーム。でも何か優勝してるんですけどこの人ー!
どこまでそんな、お約束漫画みたいなことを!!
「観たぞ!」でも、さんざんSD的特集やってくれましたね。ありがとう、永田さん! 左手は、そえるだけ!

◎もう2008年か!
そんなわけで、ほぼ日を日参しているわけですが、またもほぼ日手帳の季節がやってきましたね。もう2008年か! 早いな!!
今年はどうしようかな~高いしな~などと思っていたのですが、今年はツートンカラーですか! がふっ、一発でやられた!! というわけで、今年もまた注文してしまうみたいですよ、この人。
Read more
スポンサーサイト

ブックレビュー

どうにも世界陸上が気になって、本がろくに読めていない今日この頃です。
そして忘れかけていましたが、先週分のブックレビューを上げておきます。


畠中恵「アコギなのかリッパなのか」
長く待たされましたが、ようやく借りることができたのでした。
「百万の手」と比べると、格段に面白くなっています。
元不良で喧嘩っ早くて弟を養っていて苦労性の大学生という主人公は、かなり珍しい感じがしますね、畠中さんにしては。
ちょっとおとなしい病弱な少年というのは、やはり若だんなだけにしておいてもらいたいものです。そうたびたび使っちゃだめですよ。(汗)
食えない大物政治家のオヤジとか、結構いい味は出してるんですが・・・ただ、ちょっと全体的に淡白かなと。弟とか父親とか、もうちょっと出してほしかったなあ。
あと、単行本化されるにあたって、とってつけたような気がする冒頭と終幕。入れ子式っぽい感じにしたかったのかもしれませんが、これがどうにも中途半端な感が否めません。小原って、本編であんまり絡んでなかったし。
もしかしたら続編を意識したのでしょうかね? 聖自身とも直接関係がないし、何だかな~な読後感になってしまったのが、もったいない。
やっぱり、続編を意識したんじゃなかろうかと思います、編集部側が。(苦笑)



田中芳樹「月蝕島の魔物」
3分の2くらいまでは、結構面白かったのです。
ヴィクトリア朝時代のイギリスが舞台で、その時代を充分楽しむことができます。
そしてディケンズとアンデルセンという、文豪2人がかなりの凸凹コンビで笑えます。
しかし・・・まあ、タイトルから充分想像できていたんですが、やはり。
ごたごたが起こって、最後は怪物が出てきて悪役を食って、大騒ぎでめでたしめでたし、というパターンはそろそろどうなのかと・・・。
いくら子供向けだからって。(汗)
アル戦の続きを書き始めたのも、やはり怪物が出せるからなのだろうなと思ってしまいます。銀英みたいな人間ドラマを描ける人なのに、なぜこんな短絡な手を使ってしまうのか・・・。
まあ、借りて読んだので懐は痛んでおりませんが。似たようなのでは、「ラインの虜囚」のほうが怪物オチでなかった分、面白かったと思います。
それにしても、オチがわかっているのに相変わらず読んでいる自分はいったい何なんでしょうか。(苦笑)
まあ、こうなりゃ最後まで付き合うかな、という気がしております。
でもとりあえず、アル戦とタイタニアだけは何とかしてください。本当に。
Read more
  • Category:

今年も「観たぞ!」

やはり世界陸上を観ております。
こういう、スポーツの祭典になると必ずテレビにかじりついてしまう、にわかファン。普段ほとんど縁のない競技を観る、良い機会ですからね。
と、いうわけで!
にわかファンのにわかファンによるにわかファンのための、あの企画が! 今年も復活ですよ!!
「観たぞ、大阪世界陸上!」
ほぼ日で開催中です。テレビ観てなくても、普通に楽しめる企画です。リアルタイムですので、是非ともご覧くださいませ。
また、ちゃんとした陸上ファンの、ちゃんとした投稿もあって、感心することも多々あります。


さて・・・大阪の勝利の女神は日本人選手にキスどころか、にこりともしていないような気がします。
室伏、1回目の投擲で当然行くだろうと思っていたら・・・2回目でもかなりギリギリ・・・大丈夫か? 心配だ!
波乱すぎる3000m障害女子・・・ヒィ、背中から落ちたーっ! むぎゃ、転ん・・・踏まれたー!?
10000m女子・・・ぎゃ! く、靴が脱げて・・・!!
そして何より。
た~め~す~え~~~~~!?
な、何があったのだ!? てか、実は予選はちょうど見てなかったんですよ。どうせ通過すると思っていたのに、油断した! がふっ、予選落ちなんてオチ、想像できねって!

今日の見どころは男子ハンマーと男子100mですね。日本人が出るかどうかだけでなく、競技としてもやっぱり100mは熱くなるぜ! 充分大阪暑すぎだけどな!!(棄権選手続出ですぜ!)
ちなみに例の弟君は決勝進出なりませんでした。残念っ。でもまだまだ若いので、この先が楽しみです。
(って、まだ200mにも出るのか・・・! 末續と一緒ですね)
Read more

書庫更新(8/25)

書庫を更新しました。
「OVER」完結です。長くかかってしまいましたが、ようやく全部アップすることができました。
こちらからどうぞ。
メルマガも発行済みです。

世界陸上

このあとすぐ!
ではなく、現在ライブでやっております。
男子100は、やはり燃えますね~。

て!!!

すみません、選手あまりチェックしてなかったんですが、高校の同級生の弟が出ているではありませんかっ!
全国で頑張ってるということは新聞でも見ていたのですが・・・そうか、今回出場していたのか~。
しかもなかなか良い成績で予選通過しました。
朝原も良かった!
日本勢頑張れー!

ブックレビュー

少し読書の方がペースダウンしておりました。
ちょっと裏でいろいろとこまごまやっていたもので。

その合間に読んでいたものたち。
狙っていたわけではないのですが、なぜか全員ファンタジーノベル大賞出身者でした。なぜだ。


酒見賢一「周公旦」
何ゆえ今ごろ・・・と自分でも思うのですが、図書館行った時にたまたま通りかかった棚で見つけたので。実は発売当初に読みたいな~と思っていたのに、もう8年も経っていました。
物語は殷周革命からその後の時代が舞台。武王の弟にして「礼」の創始者、孔子様が生涯敬愛し続けた人です。堅苦しく、信念を突き通すタイプゆえに武王没後は不遇な時代を迎えます。甥っ子の王から殺されかけて亡命するくだりはなかなか面白かったのですが、物語全体としては、かなーり地味です。主人公の性格にぴったりな感じ。
それにしても、恐ろしいのはビジュアルイメージが某漫画のまま脳内に浮かぶこと・・・。全部立ち読み(根性で)だったはずなのになあ。
それはともかく、時代背景はある程度知っておかないとわかりにくい気はします。(一時の封神ブームで結構浸透している気はしますが)そして酒見氏にしてはかなり淡白でした。(笑)



山之口洋「天平冥所図会」
時代設定が珍しく、あらすじもなかなか面白そうだったので、図書館で予約して借りました。発売から間もないんですね。
時代は天平、聖武天皇の御世。光明皇后が始めた悲田院、施薬院の運営を任された女官・和気広虫と葛木一族の末裔・戸主の夫婦が主役です。
・・・って、やっぱりかなりマイナーだと思うのですよ、いろいろと。(汗)
和気広虫も名前だけは覚えていたけど、どういう人だったかすっかり抜け落ちていたし(しかも高校の日本史資料集には載ってない)。ただ、和気清麻呂(弟)はまだ覚えていましたけどね。
そういえばちょっと前に「その時、歴史が~」で道鏡事件をやっていたので、その辺りはちゃんと思い出せましたが。(苦笑)

平安より前になると、天智~持統天皇の頃はよく覚えているのですけどね・・・(←しかし大方は「天上の虹」に拠っている)、天平時代はかなり怪しいです。高校時代の日本史では仲麻呂だの奈良麻呂だのと混乱していたことは覚えていましたが、どういう経緯だったのかが今回初めてよくわかりました。
マイナー時代やマイナー人物を知りたいという方には結構オススメできます。が、やはり読み手を選ぶ物語ではあろうと思います。(汗)
時代物全般に興味があって、普段から読み慣れていないとややキツイかも。ルビも極端に少ないし、文章もちと読みにくい。

ちなみに山之口氏の作品は、今回初めてだったりします。ファンタジーノベル大賞の「オルガニスト」は、実はオーディオドラマで聴いたのでした。(塩沢氏の存命中最後に聴いた作品)



畠中恵「百万の手」
以下はかなりネタバレになるので、ご注意ください。
Read more

書庫更新(8/15)

書庫を更新しました。
引き続き「OVER」第5章。あと1回の更新で完結の予定です。
すでに出来ているものをアップするだけなのに、何やら最近滞りがちです・・・;;
こちらからどうぞ。

同時にメルマガも配信済みです。

来た、見た、斃れた

来ました。

ちょっと油断していました。

そう。
霊障は忘れた頃にやってくる。


洗濯機が壊れました。

洗えない。
すすげない。
脱水のみ稼動。

脱水機じゃねえか・・・!!!


何というか、本格的に祓ってもらうべきなんでしょうか。(寿命です
まあ、先日は坊さんにお経上げてもらったから、当分は良いでしょうけどね・・・<お盆なので。

それにしても、またもや痛い出費。痛すぎる。くそう。

おさらい霊障
その1
その2
その3

奥の罠

近頃、ヤフオクをちょこちょこと利用する機会があります。
一番最初はクプカの画集だったんですが、最近はSDカードとmicroSDカードだったり・・・。その辺の店で買うより安いですからね。

で。ついついうっかり必要でもないものに手を出してしまうオクの罠。
今回、うっかり落札してしまったのは、「ルーブル ミニチュア・アート・コレクション」コンプリートセットです。

だって、こういう特殊なガチャは田舎にゃ置いてないんですってば!
それに、ほとんど全部欲しいものばかりだったので、ええもうこの際まとめ買いしてしまえ!とばかりに。
うーわー、アホだー。

ちなみにラインナップ。

1:モナ・リザ(ダ・ヴィンチ)
2:洗礼者聖ヨハネ(ダ・ヴィンチ)
3:挨拶する踊り子(ドガ)
4:悔悛するマグダラのマリア(ラ・トゥール)
5:岩窟の聖母(ダ・ヴィンチ)
6:聖母子と少年聖ヨハネ(ボッティチェリ)
7:大工の聖ヨセフ(ラ・トゥール)
8:二人の女(ロートレック)
9:聖母子「グイディの聖母」(ボッティチェリ)
10:ショパン(ドラクロワ)


もともとは、あまりそういうフィギュア系の収集癖はないはずなんですが・・・。
ちなみに今持ってるフィギュアというのも、大英博物館展のミュージアムショップで買った、ルイス島のチェス駒だけだし。食玩系も、特に欲しがらない人なのですよ、本来は!
でも以前に出ていた「石膏デッサン入門」シリーズのガチャもやってみたかったんだよな~。どこにも置いてやしねえ。コンプしたいほどではないにしろ、ブルータス像やマルス像くらいは欲しかったよ・・・。


こういう、お手軽アート商品って結構好きだったりします。邪道かもしれないけど。
あ~、そういやサモトラケのニケも欲しかったんだよな~・・・<まったく懲りていません

収集癖がないというより、収集したい対象が多くないだけなのかもしれません(汗)
ちなみに、エッシャー展の時にはしっかりガチャ試しました。欲しいのは出なかったけど・・・

同名異人

驚いたことに、自分と同じPNの人を見つけました。
自費出版を高く吹っかけることで有名な新●社から・・・
賞をとったのか、それとも自費かは知りませんが。

今まで自分と同じ名前なんて見かけたことなかったから、かなりビックリです。
これも長年使ってるから愛着はあるんですけどね・・・
近年はオフでもPN(兼HN)で呼ばれるようになってしまったし。(苦笑)

そんなわけで、たまーにPN変えようかと思っても、なかなか変えるに至らず。候補がないわけじゃあ、ないんですけどね。

二度あることは・・・

三度目の転職です。

何やってるんだって?
ええ、自分もそう思いますよ。

とはいえ、前職の前後(現職も含む)は(つなぎのつもりの)臨時の職員だったりするので、まともな職としては次が2つ目ですが。
ただ、履歴書には載る。ばっちり載る。ゆえに、次にまた履歴書を書くようなことになったら、「職歴」欄に書ききれなくなること請け合いです。くす。

しかも、なぜか前職と同じような業界だったりします。
携帯ともども、再びデモドリーヌです。ふふふ。
決して向いているとは思ってはいないのだけど、やはり他にはなかなかね・・・キャリアを生かすとなると、似たような水のところへ舞い戻るしかないようです。(だって経験者優遇とか歓迎とかって・・・!)

そんなわけで、お盆明けからまた新たなところへ飛び込みまする。
ああ、また研修から始めるのか・・・いくつだよ自分。(汗)
そろそろ放浪生活に別れを告げねば。

脳内メーカー

実はここまで話題になる前にやってたんですが、載せるのが微妙~と思ってそのままにしてました。
が、せっかくなのでさらしてみようかと。

本名で解析。
悪が詰まりすぎだろ、これ。

黒 す ぎ !!
何だおまえは。人の頭ん中いつ覗いたんだ。


さらに脳内イメージメーカー試してみました。
妄想と酒に毒されておる。

妄想か!!!

うう・・・
しかも完全否定できないのが悔しい。


ちなみにこちら~
脳内メーカー
脳内イメージメーカー

ジブリバトン

福槌屋の旦那様のところから、ジブリバトンを頂いてまいりました。
ので、早速答えてみましょう。


・好きなジブリ作品ベスト3をあげるとしたら?
ダントツでラピュタ。多分この先も変わらないだろうな。
2と3が決められない・・・。ナウシカともう一個、うむむ。

・初めてジブリ作品を見たのはいつでしたか?
とりあえず子供の頃で、最初がラピュタだった・・・刷り込みか?(笑)
その後、金曜ロードショーでやるたびに見てるし、ビデオにも録ってあったりで、少なくとも30回以上は観ている気がする・・・(汗)
ちなみに次点はナウシカで、20回前後かと。

・映画館で見たという作品はありますか?
魔女の宅急便、おもひでぽろぽろ、紅の豚、もののけ姫、千と千尋、ハウル・・・
あと、ゲのつくアレ。(←よほどトラウマらしい)

・まだ見たことのないの作品はありますか?
猫の恩返し、となりの山田くん。あ、あと「海が聞こえる」もか。
耳をすませばが個人的にキツかったので、猫はムリです。

・ジブリ作品の中で、好きなシーン、好きなセリフは?
私にどうしろと!? 何を選べとッ!?
全体的に、空を飛ぶシーンはいつ見ても気持ちいいですね。
セリフ、M大佐のものはたいてい大好きなんですが。ええ。

・ジブリ作品の中で好きな登場人物は誰ですか?
そんなわけでジブリ史上最高の悪役、金の目を持つ大佐ですが何か。

・ペットにしてみたいキャラクターはいますか?
ねこバス。でもエンゲル係数が跳ね上がりそうな気がするんですが。

・ジブリ作品の中で乗ってみたい乗り物はなんですか?
メーヴェ・・・は絶対に数分も経たずに墜落する自信がある。(きっぱり)
タイガーモス号のすみっこでいいので乗せてもらいたいです。

・ジブリ作品の登場人物になれるとしたら誰になりたい?
キキかなー。空が飛べるって素晴らしい。
ナウシカだと、背負うものが大きすぎてね。(汗)

・ジブリ作品の中で実際に生活してみたいと思う世界はありますか?
グーチョキパン店のご近所。パン屋の旦那に何か喋らせたい。

・ジブリ作品の中で好きな主題歌、エンディングテーマはありますか?
魔女宅のOP&ED、セットで好きですよ。でも一番印象に残っているのは「君を乗せて」なんですが。
ちなみにジブリ曲のめざまし時計なんてものがありました。「海の見える街」「君を乗せて」「風の谷のナウシカ」「となりのトトロ」が入ってる。でも1年で壊れた。(泣)

・ジブリ作品のサウンドトラックを持っている?
借りて録ったのが。

・ジブリ作品にはひとつひとつキャッチコピーがあるのを知っている?
「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです」
落ち込むたびに口ずさむ。

・「ジブリ」の意味を知っている?
雨が本降りになること。
そりゃ地降り。(ヲイ)

・ジブリの森美術館に行ったことがありますか?
行きたいのだ。

・ジブリ最新作「ゲド戦記」は見ますか?
行った、見た、挫けた。


バトン置いておきますので、お好きにどうぞ~。
  • Category: Web

つきはじめ

7月は1日にいきなりデジカメが当たって喜んでいましたが。
8月は1日に今度は日傘(晴雨兼用)が当たって送られてきました。
この調子で、夏巨宝籤も当たればいいなと思います。


とりあえず、今までに我が家で当たったことのあるものを思い出せるだけ思い出してみる。(脳トレ?)
懸賞とか、くじとか、福引とか。

・JTB旅行券(2万円)
・現金(1万円)
・現金(2千円札1枚←出始めの頃)
・サイン入り図書カード(500円)
・モスバーガーチケット(500円)
・米5kg(通算4回×5kg)
・中華鍋
・中華どんぶりセット
・コーヒーメーカー
・ティーポット
・カップ&ソーサー(ペア)
・初回版DVD
・文具セット
・裁縫セット
・おそうじセット
・パズル
・カブトムシ(オス・メス×2)


ちなみに宝くじ(ジャンボ)は、1万円が2回、3000円が3回という戦績だったりします・・・ショボい。(汗)

書庫更新(8/1)

気づけばもう8月なのですね! でもまだこちらは梅雨明け宣言出ていません。いつになるのでしょうか?

それはともかく書庫更新しました。
2週間ぶりに、「OVER」。節が短かったので、5章の1と2を同時アップです。こちらからどうぞ。

メルマガも発行済みです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。