スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クオ・ヴァディス

Quo vadis, domine? ――主よ、何処へ行きたもう――


1951年製作映画のリメイク版DVD「クオ・ヴァディス」。上中下3本セットBOXが出ているようです。自分はレンタルで先週土曜にまず上を借り、翌日返しに行くついでに中と下を借りてきました。
1本の中に2章分が入っており、全6部構成。

一応、リンク先のあらすじにも書いてありますが、要するに古代ローマのネロ帝時代、キリスト教徒迫害の話です。
全体的に見て思うのは、やはり予備知識がないとちょっとツライのではないかということです。・・・まあこんな映画は、よほどそのテのものが好きな人でなければ見ないだろうから、いいのかもしれないけど。
それに西洋圏では、キリスト教徒の迫害だの、使徒ペテロの否認だの、その辺の話は有名すぎて説明の必要もないでしょうし。

自らを才溢れる芸術家と自負し、トロイア炎上の詩作に迫力を持たせるため、実際にローマを焼かせてその炎を目にしようとした暴君ネロ。しかし民衆の非難と反発は凄まじく、スケープゴートとして弱者であるキリスト教徒を犯人に仕立て上げようとする。こうしてキリスト教徒の迫害と無残な処刑が始まった。
その中には主人公ウィニキウスの愛する妻、敬虔なキリスト教徒であるリギアの姿もあった――

まあ、こんなところでしょうか。うまくまとめるのが難しいのですが。(あらすじ苦手)


で、以下は率直な感想です。基本的に我が家のレビューは問答無用なネタバレなのでご注意を。
Read more
スポンサーサイト

ニュースの天才

久々にDVDレンタルしてきました。
というか、昨日あれだけ本屋を回っておいて、またツ●ヤに行ってますよ、この人。飽きないんですかね。

さて本日借りてきた1本は、「ニュースの天才」。
実話を元にした地味な話であるため、あまり知られてはいないだろうと思われます。私もレンタルコーナーで見るまでは知りませんでしたし。(というか、恐らくこちらでは劇場公開していない;)
手を伸ばしたのは、決してヘイデン・クリステンセン主演だからというだけではありません。(それもあるけどさ、そりゃ・・・<ヲイ)

内容は、ニューリパブリック誌の若手有名記者が長年に渡って捏造記事を書き続けていたことが発覚する、という物語です。人間、踏み外すと歯止めが効かないということのいい見本だと思います。悪事に手を染め、次第に堕ちてゆく若者をヘイデン君が好演しておりました。また堕ちたよ、この子は!

とりあえず詳しいあらすじは画像クリックでアマゾンから見てください。
以下は感想。

映画自体もさることながら、一番衝撃的だったのが特典映像のほうでした。
何しろ、当のスティーブン・グラス本人が厚かましくもインタビューに答えているんですから!
精神的なショックを癒すために数年間セラピーに通い、その後「でっち上げ屋」という小説を出版し、現在は司法試験に合格して弁護士を目指しているとか何とか。

・・・恥知らずとはこのことですか。

これほど信用という言葉の合わない人間が、最も信頼されるべき弁護士だって? 冗談じゃないよ。しかもまだ言葉を飾って弁解しているんですから。あなたは弁護士ではなくて自己弁護屋ですよ。もうここまで来ると病的ですね。
Read more

書痴の旅

心地よい疲労と充足感で、久々に満たされた気持ちで眠れそうです。

本日、某Hムラ氏とともにトーキョーに行っておりました。
いや、もっと正確に言うと、神田神保町の古本屋街でほぼ一日を費やしておりました。
今日とった行動は、喋る、歩く、本を眺める、の3つくらいしかなかったような気がします。間違ってカタギな人を連れていったりすれば、30分くらいで発狂するかと思います。もはや拷問の領域ですね。
そんな行動を嬉々として続ける二人。もはや狂人の領域ですね。
・・・でも思い返すと、大学時代とまったく行動パターンが一緒なんですが。
舞台が神保町かM市かの違いだけです。途中で休憩のためにドトールに寄るところまで同じなんですから。ああ、あと眺める対象物が大幅に違いますか。

一日中喋り続けながら本屋の中と周りを徘徊する亡者二名。
でも似たような人間しか恐らく棲息していない異次元なので、誰も気に留めていないようでしたが。
追われている犯罪者は、神田に逃げ込むと良いかもしれませんね。聞き込み調査されても、マトモな回答は返ってこないでしょうから。だって誰も他人なんか見てないもん。本しか見えない。

細分化すれば微妙に違うジャンルに惹かれている(政治史と文化史、または地中海周辺とチベット地方・・・というように。そもそも専門も中国史と日本史の違いはあるのだが)とはいえ、やはり似たような本棚ばかりを眺めてしまい、また意味もなく本を見ながらだらだらと語ってしまって、時がただいたずらに過ぎてゆくのです。
本当に、贅沢な時間の過ごし方だと思います。大学時代はほぼ毎日だったのですが(汗)、今は物凄くたまにしかできませんからね。
Read more

チャーリーとチョコレート工場

観てきました。

セブンソードとどちらにしようか迷っていたのですが、車で到着した時にはすでに始まっていたので、30分後に始まるチョコレート工場のほうになったわけです。


・・・え、これ子供向けでいいんですか?

相当にシュールだと思うんですが。
原作を読んでいないので何とも言えませんが、ハリポタの方が子供向けな気はします。映画的に。
主役のチャーリーは確かに家族思いのいい子だけど、実は消去法なだけで何もしてないんですよね。(汗)
「選ばれし者」(笑)って、たいてい過酷な運命が待ち受けているのだけど、この子は特に何もなかったしなぁ。(それにしてもあの地域には地震が今まで起きなかったのだろうか・・・。あれで持ちこたえているなんて、逆に凄い設計だよ)

「中身が空っぽなんだ」の台詞に笑えてしまいました。そう来るとはね!
そして『エレベーターの「上と外」のボタン』って、この本のことだったんですね。上と外はもう手放してしまったので確認はできませんが、確かあとがきに書いてあったのを思い出しました。(いや、もしかしたら雑誌のインタビューかもしれないけど;)

とりあえずレビューはそんなところで。
映画的には可もなく不可もなく。ティム・バートンとジョニー好きならば観ても損はないと思いますが。

ローマ人の物語 悪名高き皇帝たち1・2

ようやく「悪名高き皇帝たち」も半ばを過ぎました。分冊って結構時間かかってしまうかもしれない。4分の1しか進んでなくても、1冊読んだ気になってしまうから。
まあ、それはともかく。

悪名高き皇帝たち――後世および同時代の人々から悪評を受ける4人の皇帝。それがまあ、あれだけ長かった帝政ローマの序盤に4代も続いたものだと思います。(いや、実際には昏帝愚帝はまだ続くのですが)
が。

ひとまずティベリウスに関しては、「悪名」はまったく不適切ではないかと思ってしまうのです。確かに吝嗇だし、頑なだし、冷徹だし、ローマ市民の人気取り政策は一切しなかったし、元老院も書簡一つでリモートコントロールだったし、悪帝と呼ばれても仕方ないかもしれません。
ただし、その「悪」は善悪の悪ではなく、好悪の「悪」。彼の皇帝としての業績は、もっと評価されてしかるべきではないかと思います。私人としては面白みに欠け、嫌われるのも致し方ない。(その辺はカエサルと正反対)しかし公人としての評価は、好き嫌いで判断するものではないはずです。

歴史家タキトゥスなどから散々嫌われ、同時代の人の中で彼を公正に評価したのはローマ市民権も持たないユダヤ人のフィロンのみ、というのではあまりに切ない。
まあ、それだけに施政というものを正しく理解できていた人が、元老院の中にさえほとんどいなかったということなのでしょうけれど。

このあたりから元老院の衰退がはっきり見えてきます。遠隔操作に唯々諾々と従う姿に、かつての力は微塵も感じられない。だからこそティベリウスが自在に権勢を振るえたのだけど、逆にそうせざるを得ない状況であったとも言える。そもそも肥大化しすぎた版図を、600人も抱える元老院の悠長な話し合いで治められるはずもないのですが。
Read more
  • Category:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。