Tonda?

今年の新潮文庫夏のプレゼントが届きました。
去年に引き続き、ブックチャーム。実はコレ、使わないんですよね。(汗)
どっちかというとストラップのほうが嬉しいんですが。でもやはりコレクターとしては応募せねばなるまいと思い、頼んだのです。
そして昨日。
届いたので、さっそく袋から取り出して台紙から引っ張ったらば。

ぷちん。

軽すぎる手ごたえとともに、あっさりちぎれ飛びました。
何なんだよくそう。
あーもう、どうせ使わないったって、そりゃないだろう。ひどい話だ。

tonda.jpg
↑・・・残骸。

エピソード3

ようやく行ってきました、エピソード3!!
いやー、ホント凄かったですねー! さすが大スクリーンで観ると迫力が全然違います。戦艦の派手な戦闘シーンは特に、音が地響きしてきますからね。ビリビリと感じるあの震動だけでも、行って良かったと思いました。

しかし、観に行くまでにはいろいろと問題が・・・。
そもそも忙しかったり体調悪かったりで、ずんずん延期になっていたわけなんです。今日はようやく休暇が取れたので、行けたんですが。その間に、もう入れ替え制になっておりました。(汗)
上演は12:20から。しかし私が家を出たのは12:10。ちょっとした計算違いで・・・。家から車を飛ばし、駐車場に停め、炎天下を猛ダッシュしてたどり着いた時には・・・受付に人がいないよ!?
何とか呼び出してお金を払ったところで、「ちょうど今始まるよ~」とおっさんに言われた通り、中から「チャーンチャーンチャララチャーンチャーン♪」と、もんの凄く聞き覚えのある曲が!! うぉぉぉっ、始まったよマジで!!
と、慌てて映画館に飛び込んだわけなんです。

しかしスクリーンはちょうど「語り」の文字のあたりなので、異様に暗い。でも何とか目を凝らし、転ばないように(以前、千と千尋でも途中から入って階段でつまづき、足をくじいたことがある)慎重に席に着きました。だんだん目が慣れてきてから周りを見回すと・・・おじさんが1人いるだけの模様。
前に天の王国を観に行った時も相当な過疎状態だったのだけど・・・本当にこの映画館、大丈夫なのか? 最近、市内のが1個つぶれて、もうここしか存在してないんだけど? なくなったら多分、泣くよ。いつも300円サービス券くれるし、おばさんの愛想はないけど、結構好きな映画館だからさ。

おっと、話がまったくEP3と無関係になってしまった。(汗)
いやしかし、なかなか語るのに難しいですね、コレは。とりあえずどんな結末を迎えるのかは、4~6を観ている人には当然わかっているわけだし。だからこそ、もうずっと歯がゆくて仕方がなかったのです。心の中で、ずっと「アナキンのバカチン!!」と叫んでおりましたとも。
ホントに何でこんなヤツに惚れたんだい、パドメ。(永遠の謎)
あ、ネタバレイヤンな人は、この先ご注意。

[More...]

カレンダー

07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最近の記事

最近の発言

最近のトラックバック

プロフィール

Author: 遼
 ・管理サイト→ひっそり運営中
 ・美術ブログ→美術語りブログ
 ・携帯サイト→ ケータイ小説配信中
 ・読書メーター

リンク

ブログ内検索


「三侠五義」復刊応援中
紹介・投票はこちらから

素材提供
NOION 空色地図 A Trial Product's 素材置き場
*Free Photos


ASPアクセス解析

  • pagetop
Copyright © 遼