キングダム・オブ・ヘブン

暑くてうだりながらも映画館へ。上映終了ぎりぎりになってようやく観られました、「キングダム・オブ・ヘブン」。
十字軍側からの視点なので、きっとバリバリの騎士道ものなんだろうなと思いながらも、やはり歴史スペクタクルであることと、リドリー・スコット監督作品だしという思いに押されて行ってまいりました。

結論。
観に行って大正解!!

いや、とても良かったですよ。吃驚しました。(それも失礼な話だが)
以下、微妙にネタバレするのでご注意を。
Read more