スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマと大河ファンタジー

昨日放映分の真田丸、室賀返り討ちのシーンは本当に良かったんですが……いやもう、とにかくきりをどうにかしてほしい。
あの場に居合わせたのは目をつぶるにしても、何で源二郎を連れてくるのか。そして自分で連れてきて「あなたたちひどい」って意味がわからないんですけど。
せめてあのシーンは、目撃したきりが真っ青になって宴席に戻り、それを見て異変を感じた源二郎が現場へ自ら向かうような流れにしてほしかった。それを追おうとする梅をきりが止めようとするも、妻の役目ですと諭され、自分の無力さにうちひしがれる……とかすれば、視聴者からここまでウザイ消えろと言われずに済むだろうに……本当にもったいないとしか。
きりの登場シーンだけがっつり削れば文句なく面白い出来になっていると思います、現在のところ。あ、洋ちゃんの嫁は面白いです。病身でも足止めのために頑張って踊るところで思わず笑いました。


そうそう、そして大河ファンタジーこと「精霊の守り人」。NHKで何年も前にアニメ化しているものを今さら? それも実写? と、ちょっと不安に思いつつも録画しておりました。
もともとファンタジー原作の実写化って、日本では大火傷のパターンが多すぎて怖いんですよ。でも見てみたところ、あれ……意外と悪くない……? と、驚き。
今のところ原作に忠実なのも良かったのかもしれません。この先どうなるかわかりませんが。男っぽい役柄の綾瀬はるかにまだ慣れませんが(苦笑)
しかし、タイムスリップした医者の助手をしたり、籠城戦でスナイパーになったり、用心棒になって皇子を守ったり、いろいろと忙しいですね。だんだん岡田准一ポジションになってきた気がします。
あの人も大化の改新したり、天下統一の立役者になったり、零戦パイロットになったり、要人警護したり忙しいですからね。
別の方向で壮絶な人生を繰り返している藤原竜也が帝役だったのもいろいろと楽しめそうです。次回も気になります。
スポンサーサイト

泣きながら伊賀越え

気づけばもう1週間くらい経つのですが、先週の「真田丸」大いに笑わせていただきました。ここまで笑える神君伊賀越えは初めてですよ!
回想シーンで泣きながら逃げ回る三方ヶ原も見たかったな~。
昌幸パパはもちろんのこと、家康パートが毎回楽しみです。え、毎回あるんですよね? お約束でもいいので入れてほしいところです。

あと、珍しく苦労性の洋ちゃんを見ていると、「いや、あんたこの後の清洲会議で天下に手をかけるから大丈夫だよ」と謎のツッコミをしたくなります。

そうそう、信長といえば信長協奏曲、劇場版で完結なんですかね? 原作って終わってましたっけ?(未読)
ドラマ版が結構面白かったのでラストは気になるんですけどね~原作未完だとオリジナル展開かもしれないし。歴史とどう折り合いをつけるのか気になるところ。
しかし本能寺までやるっぽいけど小栗旬がちっとも49歳には見えませんな(苦笑)

真田丸

今年の大河、「真田丸」。まだ2話ですが結構楽しく観ております。
一族の中心である父昌幸がどっしりと構え、長男信幸が慎重派、次男信繁が奔放だけど柔軟と、キャラ付けがはっきりしているのでわかりやすいと思います。
細かいところでも、家康が爪を噛んだり、氏政が汁掛け飯を食べたり、石川数正が裏切りませんと断言したり……知っているとクスリと笑える小ネタを挟んできていて楽しいです。

ただ、山手殿がちょっと微妙かなーとも……。昌幸の奥方にしては我儘で足を引っ張るだけって。普段は文句を言っても、いざという時は腹を据えるような人にしてほしかったです。2話ではさすがにウザさが上回りましたよ(苦笑)
まあ、基本的には男たちがメインなので大丈夫……と思いたいですが。ヒロインもこれからですしね。(出しゃばらず、ものわかりの良い子であってほしい)

昌幸パパは結構長いこと活躍するので、かつて幸村だった草刈昌幸をしばらく楽しめそうです。また、以前は武田に忠義を尽くした内野勘助が今度は武田を滅ぼす家康になっているのも配役の妙があって良いですね。
次週も期待します。

ROAD TO TENKA

本能寺の変、中国大返し、山崎の戦い、清洲会議、賤ヶ岳の戦いと、大きい事件が一気に来た感じですね。清洲会議から賤ヶ岳は予想以上に駆け足でびっくりしました。(何しろ会議だけで2時間たっぷりやった映画を観ていたものですから)

しかし、お市と秀吉の絡みがまったくないのがちょっと物足りず。基本的におね一筋っぽく描かれているのも何だかなあと思わずにはいられません。まあ、茶々の登場でだいぶ変わってくるはずですが。

今回驚いたのは村重の再登場。さらに、この先の秀吉の変貌と暗雲を示唆させる演出はなかなかうまいと思いました。山は頂上まで登りつめたら、後は下るだけなんですよね。

あと、本能寺の変直後の足利義昭の書状で、「信長討ち果たす」か「討ち果つる」か解釈の違いを小ネタで盛り込んできていたのも、なかなか心にくい演出でした。この前のヒストリアはこの前振りだったんですね。

利休もいい具合に胡散臭いので、この先もまだまだ楽しめそうです。

軍師帰還

1週でイケメンに戻った軍師が現場に復帰したようです。さらには歩けるようになって、刀まで一応振っていましたね……陣中は輿じゃあないのか。
三木城があっさり落城。本当は賀相がみっともなく逃亡する辺りもやってほしかったのですが、ばっさりカットされていましたね。その代わり、政職の命乞いシーンが長かったので、尺が足りなかったんでしょうかね。

結局大河のヒーローらしく、冷酷さや陰湿さは完全に排除されてあまり軍師らしさが足りないような気もするのですが、それでも近年の大河ではかなり面白いと思います。ウケ狙いに走った妙な演出もありませんし。
Read more

軍師半兵衛(終)

軍師半兵衛が終了してしまいました。合掌。
最初は官兵衛を試すようなことをしていたのに、いったいいつからこんなに評価が上がっていたのでしょうか。
我が子を救ってくれた恩人が、戻ってきた時にはもうこの世にいないというのがまるでドラマのようだなと思います。
それにしても1週であっさりイケメンに戻っていましたね、okd。髪もなくなっていたという話でしたが、そこは事務所的にNGでしょうか。

そして播磨灘物語に続き、吉川英治の「黒田如水」を読みました。こちらは1冊のみで、小寺家が毛利と織田のどちらにつくか揉めているところから、三木城の落城までの短い期間のお話です。まあ、別作品なのでいろいろ違いがあるのは当然だとは思うのですが……
しかし、牢から出てきて信長の前で半兵衛と再会はないでしょう!?
(ちなみに有岡城の落城は天正7年10月、半兵衛は同年6月に死去とのこと)
生死があやふやな人ならともかく、陣中で病没だと記録がそうそう間違うこともないと思うんですけど……吉川さーん。何か拍子抜けで、ちょっと感動が薄れてしまいましたね(苦笑)

2016年大河

再来年の大河が発表になりましたね。
三谷幸喜脚本で真田幸村が主役の「真田丸」だそうです。
戦国はマンネリと言われていても、最終回が最も盛り上がる構成になるドラマであれば、だれずに楽しめるんじゃないでしょうか。(とはいえ蟄居時代も長いんですけど)
「新撰組!」は観ていなかったんですが(最期の一日だけは観ました)、この前の清須会議も面白かったので、かなり期待しています。上田で署名活動頑張っていたのが報われましたね。

一方、来年の大河はもはや題材の時点で地雷臭しかしないんですが(汗)
弥太郎が語る龍馬伝みたいに、妹の目から見た松陰先生の物語にすれば良かろうに……何で無理やり主役にするのか。
朝ドラを男主人公にしろとは誰も言わないんだから、大河は概ね男に任せておけばいいんじゃないかと思います。無名の人を引っ張ってくるくらいなら。
そういう人にスポットを当てるなら、別の時代劇枠で単発か1クールくらいで良いんじゃないでしょうかね。
1年やるなら、せめて北条政子くらいには記録のある人でないとね……個人的には持統天皇でやってほしいけれど、いろいろ難しいだろうなあ。

そして現大河では、いよいよスーパー監禁タイム突入しましたね。「播磨灘物語」ではすでにキリシタンの洗礼を受けており、神への祈りと、同じキリシタン仲間の助けが命を繋いだという流れになっていたのですが、大河では洗礼の描写はありませんでしたよね。実際にはいつごろ入信したのでしょうか。

ちなみにこのブログでしばらく本のレビューを上げていないのは、書く場合は読書メーターに載せてしまっているからです。結果的にブログはテレビか映画か美術展の話題が中心になってしまっています。まあ、昔に比べて読む量も減ってしまっているんですけどね(汗)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。