視聴メモ

この休みに録り溜めしていたものをいくつか観ておりました。
以下、雑感的な。


「塔の上のラプンツェル」
タイトルに反して、作中ではほとんど塔の外を駆けずり回っておりました(笑)
いや、でもとても面白かったです! 素直に楽しめました。
ディズニーアニメの唐突に歌い踊るのが自分はあまり馴染めないんですが(ミュージカルも同じく)、これは自然な感じでしたし、何より原作よりも面白くなっていました。ヒロインが元気いっぱいですしね。
今やってるアナと雪の女王もかなり評判いいみたいですが、どうなんでしょうか。ちょっと気になります(地上波待ちだとは思いますが……)
Read more

今季ドラマ

リーガルハイ続編が開始し、1話はすっかり見逃していたのですが、2話から観始めてあっさりハマりました(笑)
いやーこれかなり面白いですね! 実際にいたら嫌だけど、フィクションならではの破天荒なキャラ設定やコミカルなかけあいがとても楽しいです。
シーズン1を全く観ていなかったので、今さらながら観たいなあと思っていたら、昼に再放送が始まっておりました。知らなかったのですが、本放送の続編を「番組名予約」にしていたお陰で、勝手に録画されていました。賢いよブラビアたん賢いよ。
そんなわけで、毎日リーガルハイを観るのが習慣化しております。(苦笑)
再放送は毎日なので、非常に濃いです。
Read more

BS時代劇

現在放映中のBS時代劇「酔いどれ小藤次」、なかなか面白いです。
実は1話だけ観て、1話完結のお約束なチャンバラ人情物かーと思ってしばらく続きを観ずにそのままにしていたのです。しかし2話でいきなり急転して面白くなってきました。子連れの上地がずっと好敵手的な感じで絡んでいくのかと思っていたのに、あっさり退場するとは……。
全13話とやや長めのようですが、最後どう終わらせるのか気になりますね。
なお、何度も出てくる「御槍拝借」の話は正月ドラマでやっていたそうです。知らなかった。再放送してくれないかな。

BS時代劇は前回の「妻は、くの一」も面白かったのに、最後何の解決もないまま終わらせてしまったので非常に消化不良だったんですよね。
ちょっとWikiってみたら、あの後二人は再会して渡米し、三人の子供に恵まれるらしい。せめて再会するところまではやってほしかったなあ。

そういえば前クールではガリレオも消化不良気味でした。ヒロイン無理やり変える意味が最後までわからなかったし(大人の事情は別として)、最終回の空気っぷりも凄まじかったし。お話としては野球選手の回が一番面白かったですが。聖女の救済はなぁ……天海さんは良かったけど(何しろ復帰作だ)、天海さんのキャラとあまり噛み合ってなかったような気もします。虫も殺さぬような可憐な聖女って、もうちょっと乙女な感じの人じゃないでしょうか。女信長やっちゃうような方だと何か違うような(汗)

あと、スピンオフの内海刑事のも観ましたが、ストーリーとしてはこちらの方が面白かったです。でもこれガリレオでやらなくても普通に2時間ドラマでやりそうなネタだよなーとも思いました。科学無関係で湯川教授もチラ見せだったし。
大筋はコレで、どっかに科学ネタ交えて湯川教授と掛け合いあれば充分本編でできただろうになぁ。

八重さんはここ1か月くらい観ていなくて、今さら立ち返って観る気にもなかなかなれず、このまま脱落しそうな予感です。

そんなわけで、現在視聴中なのはBS時代劇と大河再放送(龍馬伝)のみとなりました。今季はかなりのんびりモードです。

ガリレオ

上げるのが少し遅くなりましたが、ガリレオ観ました!
今度のシーズンのは原作未読なので、オチは知らずに観ております。
Read more

続・視聴メモ

最近はテレビの話しかないのかよと突っ込まれそうですが、近頃はほとんど本も読めておらず、録画を消化するのに精一杯なので、懲りずに視聴メモです。
Read more

冒険は終わり、伝説となる

「勇者ヨシヒコと魔王の城」ついに最後まで観終わりました!
いやーホント最後まで面白かったです! 低予算を謳っているけどコスト面以外でのクオリティはかなり高かったと思います。
Read more

火怨・北の英雄 アテルイ伝

BS時代劇でやっていた「アテルイ伝」観終わりました。
全4回と少なかったこともあり、呆気ないというかいまいち盛り上がりに欠けるというか……うーん、もうちょっと何とかならんかったかなあという気がします。
アテルイの話は記録にもほとんど残っていないし、教科書でも坂上田村麻呂が討伐したということくらいしか知らないので、どの程度検証されているかもわからないのですが、滅多にない題材ということで面白い試みではあったと思います。今年の大河を急遽予定変更して福島舞台にしたように、震災以降はNHKで東北を取り扱うことが増えたように思います。なので、これも東北応援の一環なのかもしれません。
Read more